雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

デザイナーズブランドの服って実は二流メーカーが作ってたりする??

投稿日:

一九九〇年代も後期にな、ライセンス事業にそっぽを向く高級デザイナーが増え、グッチやアルマーニを始めとする大勢のデザイナーが、ブランド・コントロールを取り戻そうと、ライセンス契約を買い戻し始めた。そして、二〇〇〇年、カルバン・クラインとそのライセンシーであるワーナコとの間で、あの有名な訴訟事件が起こったのである。この訴訟は、ライセンス事業の実態を暴露してしまうことになった。ちなみに、この事件が起こる前には、クラインの収入のうち、何と九〇%をライセンス商品が占めていたという。

訴訟を起こしたクラインは、ワーナコCEOのリンダ・ワッチナが、ディスカウント・ストアに販売したり不認可のデザインにまでラベルをつけたりしてブランド・イメージを傷つけたと主張した。

私たちの買ってるデザイナーズ・ブランドの服って、実は二流メーカーが作ってたりするわけ?。しかし、デザイナー側は、とんでもないと言う。出来のいいライセンス商品も多い反面、デザイナーズ・ブランドのラベルをひっ付けただけで中身はありきたりという場合も少なくないのだから。それでもー後者にとっては幸運なことにファッション・ヴィクティムはどっちもありがたがってくれるのである。

製品の質はかえってよくなる

確かに、たとえばデザイナーの名前でシルク・ストッキングを製造するにしても、直接やるより靴下専門メーカーに任せたほうがいい仕事をするかもしれない。だが、どっちにも転び得るというのが正直なところだ。ライセンス事業で組むのはその道のプロなのだから、製品の質はかえってよくなるのだ、と。

ファッション・ヴイクテイムにとっては、自らデザイナーズ・ブランドの服を着るだけでは物足りない。彼女たちは、往々にして、この完璧なまでの趣味のよさを他人にも分けてあげなければ、と思ってしまうのだ。昔、誰かが言っていたことがある。人は、自分がもらいたいものを贈る。人がプレゼントを選ぶ時、そこに反映されるのは相手の趣味ではなく自分の趣味なのだ。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

厚底靴ブームに起こった悲劇

一九九〇年代の終わり頃から二〇〇〇年代初めにかけて日本を席巻した厚底靴ブームは、数多くの情けない事故を生んだが、なかには死者の出たケースもあった。一九九八年八月、東京の青葉学園短期大学でアパレル関連の …

no image

バッグと靴の色を合わせるコーディネート

・基本と遊び心のバッグ&靴の色合わせ およそ皮革製品の六割は黒で、三割はベージュをふくめた茶系、そして残りの一割がカラフルな商品になっている。 いくらナイロンが発達しても、いくら人工皮革が実 …

no image

ツイードジャケットの着こなし術

・ツイード・ジャケットの楽しみ方 ツイードの語源を知っていますか?ツイードの本場はご存じスコットランドで、むかしは土地の言葉でトゥイール(tweel)と呼んでいました。これは、大昔の1825年頃の話で …

no image

モデルたちが最後のウォーキングをし挨拶に登場すると

彼はフロアにたむろする各派閥に近寄り、少なくともそれぞれひとりずつから熱い抱擁を受ける。一方では、ミシェル・ベへナーがマイクを握り、カメラマンを従えて会場を練り歩きながら、セレブや有名エディターを探し …

no image

アメリカ・アジア環境パートナーシップ

服は、実にさまざまな方法で私たちの肉体を傷つけている。カリフォルニア州イレカでダンス教師をしているレベッカは、爪先とかかとの開いた新しい白のサンダルを履いて、日本へ旅行に出かけた。 ナイロンやポリエス …