雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

デザイナーの商品を店に仕入れるバイヤー

投稿日:

もともとはバイヤーや選ばれたメディア向けのお披露目の場だったメジャーなショーも、今ではライターやカメラマン、社交家、セレブといった人々が溢れて、まるでヴァーチャル・フーズフーといった趣である。クリスチャン・ディオール、アレキサンダー・マックイーン、クリスチャン・ラクロワ、ヴァレンティノ、ジャン=ポール・ゴルチエなど、世界屈指のデザイン・メゾンのショーからハイライトを選りすぐったものだ。ABCは、イザベラ・ロッセリーニをホストに据えた特番パリ・ファッション・コレクションを木曜の夜九時に放映した。

バイヤーは重要な構成要素だ。彼らこそ、デザイナーの商品を店に仕入れる人々なのだから。毎年、今シーズンのニュー・ルックを一目見ようと、二〇〇〇人ほどのメディア関係者がブライアント・パークの会場に集結する。また、テレビ向きの資質を持っているおかげでセレブになったデザイナーもいる。テレビ時代の龍児は、アイザック・ミズラヒやゴルチェなど、ウィットに富んだサウンド・バイトをくれる面々だ。

マーク・ジェイコブスの場合

マーク・ジェイコブスの場合、一九八六年あたりはプレスとバイヤーが半々という観客層だったのが、今日ではメディアやセレプが約九〇%を占めるという。これは、二〇〇一年にこのデザイナーのスポークスパーソンがニューヨーク・タイムズに語った情報である。パブリシティに精通したデザイナー側は、コレクションを話題にしてもらうほうがさらに重要だと気づいてしまった。

英ザ・タイムズ紙のファッション・エディターであるリサ・アームストロングによれば、今ではほとんどのバイヤーがショーよりかなり前に発注を済ませており、ショー自体は主にパブリシティ用なのだそうだ。たとえば、経済的繁栄との関係で見るへムラインの歴史などといった、もう少し知的なテーマに追ろうと試みた番組もあるにはあったのだが、ファッション・ショーのテレビ中継は薄っペらなステレオタイプから抜け出すことはできなかった。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

グレーのコーデ術-リクルート姿になってしまわないために

ピンクがかったグレー、ブルーがかったグレー、グレーベージュなど、いろんなグレーがあります。そのどれもが、単なるグレーにあった堅い雰囲気がなく、クールでいてエレガントなイメージ。いままでは、リクルートス …

no image

ワンピースコーデ-ちょっとしたパーティーにも十分OKなものも

・身体にフィットしすぎないフンワリしたシルエット ここ数年で、シャープでカッコいい女性像から、エレガントな女性像へと、時代は流れていますから、ワンピースももう少しフェミニンでひねりのきいたものが気分で …

no image

21世紀のライフスタイルに合った変化の早いファッション

トレンド変化の加速と客側のせっかちさは、業界の成功と切り離せない要素となった。変化のスピードの速いファッションがウケるのはなぜだろう?意外にも、それは地球を制覇したファスト・フードと同じ性質を持ってい …

no image

不慮の事故の類はえてして起こりがちなものである

筋金入りのファッション・ヴィクティムだった偉大なるダンサーの死は、確かに奇怪な事故によるものではあったが、それはまた、服への執着心について興味深い点を浮き彫りにしてくれた。もし、イサドラがスタイルを優 …

no image

小売業の勝ち組は顧客ができるだけエネルギーを使わずに済む店だが

顧客ができるだけエネルギーを使わずに済む店が、今日の小売業界の勝ち組だ。サイズだってきちんと分けてあるし、コーディネートできる服どうしは隣り合わせにデイスプレィしてある。そして、こちらが選んだ服に合い …