雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

デザイナーの商品を店に仕入れるバイヤー

投稿日:

もともとはバイヤーや選ばれたメディア向けのお披露目の場だったメジャーなショーも、今ではライターやカメラマン、社交家、セレブといった人々が溢れて、まるでヴァーチャル・フーズフーといった趣である。クリスチャン・ディオール、アレキサンダー・マックイーン、クリスチャン・ラクロワ、ヴァレンティノ、ジャン=ポール・ゴルチエなど、世界屈指のデザイン・メゾンのショーからハイライトを選りすぐったものだ。ABCは、イザベラ・ロッセリーニをホストに据えた特番パリ・ファッション・コレクションを木曜の夜九時に放映した。

バイヤーは重要な構成要素だ。彼らこそ、デザイナーの商品を店に仕入れる人々なのだから。毎年、今シーズンのニュー・ルックを一目見ようと、二〇〇〇人ほどのメディア関係者がブライアント・パークの会場に集結する。また、テレビ向きの資質を持っているおかげでセレブになったデザイナーもいる。テレビ時代の龍児は、アイザック・ミズラヒやゴルチェなど、ウィットに富んだサウンド・バイトをくれる面々だ。

マーク・ジェイコブスの場合

マーク・ジェイコブスの場合、一九八六年あたりはプレスとバイヤーが半々という観客層だったのが、今日ではメディアやセレプが約九〇%を占めるという。これは、二〇〇一年にこのデザイナーのスポークスパーソンがニューヨーク・タイムズに語った情報である。パブリシティに精通したデザイナー側は、コレクションを話題にしてもらうほうがさらに重要だと気づいてしまった。

英ザ・タイムズ紙のファッション・エディターであるリサ・アームストロングによれば、今ではほとんどのバイヤーがショーよりかなり前に発注を済ませており、ショー自体は主にパブリシティ用なのだそうだ。たとえば、経済的繁栄との関係で見るへムラインの歴史などといった、もう少し知的なテーマに追ろうと試みた番組もあるにはあったのだが、ファッション・ショーのテレビ中継は薄っペらなステレオタイプから抜け出すことはできなかった。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

スーツの内ポケットの位置はどのへんが理想か?

・内ポケットの美学 一般に内ポケットの位置は低いのではないでしょうか。私は内ポケットの位置は高ければ高いほど良い、と考えています。スーツ全体を考える上で、内ポケットの存在はたいへん重要です。とりあえず …

no image

スニーカー履きで足が痛い

まるまる二時間も歩いた頃には、スニーカー履きの私ですら少し足が痛かった。多分、マイラは街で一番丈夫な足裏の持ち主だったのだろう。あるいは、慣れてしまって足の不快感にも耐えられるようになっていたのかもし …

no image

ワイシャツのアイロンのかけ方

・自分でワイシャツのアイロンがけをする ワイシャツ一枚仕上げるのに、慣れてくれば十五分初心者でも三十分あればでき上がります。私自身は家庭でやっています。誰でも洗ったワイシャツに霧吹きをするところからは …

no image

毛皮を着るくらいなら裸の方がましと書かれた横断幕

毛皮に断固反対していたはずの人々も、ファッションのために気が変わったらしい。いち早く心変わりしたのは、スーパーモデルのナオミ・キャンベルである。一九九四年一月、彼女は他のモデル四人とともに、フランス語 …

no image

手洗いかドライクリーニングかと書かれていたとしたら

一ドルのトップスにこのラベルが付いていたら、誰も買う気はしないだろうが、三ドルの服に付いていた場合、話は全く違ってくる。とかく、消費者は、高価な服に関してはドライ・クリーニングを指示するタグしか信じな …