雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

デカルトの倫理-動物の行動で機械に置き換えられないものはないと断言

投稿日:

デカルトは最後の飛躍を試みた。動物はまさに、たんなる命をもった機械にすぎないというのである。いかに複雑であろうと、動物の運動はいかなる意識も思考もともなうものではない。たとえば心臓の鼓動を制御するのに、私たちは意識を必要としない。彼は動物の行動で機械に置き換えられないものはないと断言している。理性や知性を必要とするようにみえる運動の中にも、実際には意識の働きを必要としないものもある。

たとえば熱いものに触れていそいで手を引っ込めるとき、その行為は意志や意識が筋肉に命令を発したものではない。人間存在の中でも機械的な運動部分であり、消化や呼吸など多くの身体機能も同様である。デカルトによれば、動物の行動はこのレベルに相当する。デカルトは、動物が魂のない、たんなる機械であることを示すために、いわゆる証明を数多くおこなっている。証明の中には机上の空論にすぎないものもある。

人間と同じような思考能力があるとするなら

彼らの基本的な身体機能も、また一見状況に反応しているがごとくにみえる行為も、すべて意識、知能、自覚、あるいは魂と一切関わりはもっていない。彼ら(動物)に人間と同じような思考能力があるとするなら、彼らは人間と同じように不滅の魂をもっていることになります。ある動物にそれを認めれば、すべての動物にも認めざるをえませんが、多くの動物は、そう信じるにはあまりに不完全です。

ですから、それはありえません。これはおかしな理屈である。たとえばニューキャッスルの侯爵夫人が、二世紀後にダーウィンが提起することになる問題を口にしたことがあった。彼女はデカルトに、人間と同様な器官をもつ動物には程度はきわめて未熟ながら人間と同様な思考能力がある、とは考えられないかと訳ねた。この問題を実証にもとづいて議論する代わりに、デカルトはひたすら自分の原則を押し通した。果たして動物に人間と同様な思考能力があるのだろうか。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬の背中の毛が逆立つことなどの反応の意味

犬の背すじの毛が一斉に逆立つのは、いい加減にしろ、俺は怒ったぞ!と言っている証拠である。肩の毛までが逆立つ場合はもうがまんできないの意味で、即座に攻撃に移る合図である。オオカミの中には、背すじや、とき …

no image

子犬は暮らしの中にあふれる危険を回避することはできません

子犬は暮らしの中にあふれる危険を回避することはできません。飼い主の不注意による、散歩中や室内での事故やけがなどは少なくないので、飼い主は常に安全管理をかなり心がける必要があります。また、体重や体温のチ …

no image

犬のストレス解消法-おもちゃや留守番中の困った行動の予防

犬のストレス解消法には、色々とあります。 犬の留守中の困った行動を予防したり直したりするために、「散歩」や「遊び」など人間にとって望ましい方法で、ストレスを解消させてあげましょう。犬との信頼関係を深め …

no image

ネズミ狩りの名手テリアの仕事

テリアの中に、とくにネズミ獲りのために改良された犬種がいる。現在でも、ネズミ退治のためにテリアを使う農夫は多い。マンチェスター・テリア、スコテイッシュ・テリア、ケアーン・テリア、ウエスト・ハイランド・ …

no image

犬の経験値が脳の機能と構造におよぼす影響

人の食べ残しで育てられる犬は多い。成犬ならそれでも充分生きてゆけるだろう(最高の健康体は期待できないかもしれないが)。しかし、子犬にはおそらく充分とはいえまい。栄養素が脳の機能に影響を与えることはすぐ …