雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

5歳くらいになればデイパックに荷物を入れて持たせよう

投稿日:

5歳くらいになれば、デイパックに荷物を入れて持たせよう。子ども本人も役割を担っているような気がするし、スタミナもつく。普段から一緒にハイキングしていれば、子どもの限界はおのずとわかる。こんな目安に頼る必要もない。行き先、行動食、携行品の決定など、プランニングにもどんどん参加させよう。ひんぱんに気晴らしが必要な年齢ではないが、休憩やエネルギー補給はしっかりしておきたい。

単調で平坦なトレイルが延々続くと、疲れた(本当は退屈なだけ)とぐずり出す。子どもが十分1人で歩けるようになれば、トレイルの難易度を上げてもいい。少しくらい難しいほうが退屈もしないし、夢中になっているときは疲れたなんて言わないものだ。山の楽しさ、素晴しさを強調し、子どもにも再認識してもらうことは大切だ。読図やコンパスの使いかたを教えて、グループをリードさせよう。双眼鏡と野鳥の本を与えよう。子ども向けのガイドブックだって出版されている。山の草木、高山植物でもいい。

キツい場所では気をまぎらわせてあげたりも必要

年長の子達には、よくやったねとほめてあげたり、キツい場所では気をまぎらわせてあげたりも必要だ。独立心と責任感が芽生えるこの時期に、その気持ちを上手に育ててあげれば、ハイキングにも積極的に参加してくれるはず。家族での旅行なんてカッコ悪いという年齢なのだから。兄弟姉妹間で、リーダーシップの構図ができ上がるのもおもしろい。子ども達には、今の1分1秒が大切だということを忘れずに。

火の起こしかた、水場の探しかたなど、山での基本技術を小さなころから教え始める。大人ほどゴール到達に対する執着はないのだ。彼らのニーズに応じたプランニングをしよう。グループのなかで安全にハイクしながら、彼らの希望もかなうようなトレイルを探そう。大きい子ども達が自分のペースで歩きたがるのを、無理におさえつけない。本物の疲労とただの退屈を見分けられるようになろう。それぞれ対策が全然違うのだから。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

自然でこどもと遊ぶ時にはあまり細かく指示しすぎないで自由にさす

アウトドアでは、自然の中でみつけたものも、家から持ってきたおもちゃも、両方うまく活用して楽しみを作り出そう。山では、コッへルに木の実や松ぼっくりを集め、お料理するのが子達のお気に入り。クルマで移動し、 …

no image

子どもブーツと確保しておきたい気持ちよく乾いた靴下

アウトドアでは、大人用のレインウエアと同じ品質、機能を子ども用にも求めるようにしよう。フードの中や、寒いときにはバラクラバの下にもかぶれる。頭を動かすたびにフードがガサゴソしないのもよい。子どもは、レ …

no image

子供とのキャンプでは熊対策など気をつけることはたくさんある

野生動物について、子どもを怯えさせるのはよくないが、無知のまま放っておくのも問題だ。野生動物とは一定の距離をおき、彼らの生活圏に土足で踏み込むようなマネはしないように指導しよう。親が手本を示さないこと …

no image

明日はあの山-次にチャレンジするという楽しみを持とう

ある山の頂上に立った時、別の山の頂上を見、次はあの山にしよう、と考えたそうですが、街の中に下りてその時の登り方などを反省し、さらに次の山に思いを馳せる、この繰り返しで山登りは面白くなっていきますし、街 …

no image

ハイキングに行く際に知っておきたい注意事項

ハイキングクラブに所属すると、べテランハイカーから情報を得たり、トレイルや地域のネットワークにもくわしくなれる。ただ、小さい子をこの種の集まりに連れていくのは考えものだ。どの家族にもそれぞれ、ハイキン …