雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

デブでも登山はできるのであきらめない

投稿日:

デブでも登山はできるのであきらめないでください。

ある人が、世界一美しい散歩道というキャッチフレーズで人気の高い、ニュージーランドのミルフォードトラックを歩きました。いろんな国の登山好きが集まって、仲良く歩くのです。

そんな登山隊の中に一人、樽のようなデブ体型の女性が混じっていました。1日目と2日目は、氷河が造ったU字谷の底を歩いて行けばいいので、さほどデブでも問題はなさそうですが、登山3日目は、コース中のハイライト、マッキンノン峠を越えなければなりません。他人事ながら、大丈夫かなあと心配になったそうです。

急な坂道を登ったり下ったりするのが、登山・ハイキングという遊びですから、デブというのは大きなハンディです。食料や水、雨具など必要なモノも、背負わなくてはならないのですから、登山をしている人で、超デブという人はほとんどいません。

U字谷の底が標高300メートル、峠の頂上は1154メートル超、高度差800メートル以上を登り切らなくてはなりませんが、そのデブの女性は、楽々とは言えませんが、登っていて安心しました。

登山家にはデブの方はけっこういる

超デブの方はあまり見かけませんが、登山好きにデブの方はけっこういらっしゃいます。登山で歩き始めて間もなく、息遣いが荒くなるのは、そういう方たちです。デブの方は、やがて膝が痛くなるようです。デブで体が重いからと、登山を諦めていた方、一度チャレンジしてみませんか。好きこそ物の上手なれと言いますが、やればできるんだと彼女の行動に、感動してしまいました。

あと、登山でザックを重たくしている初心者にありがちなのは、食べ物と衣類の入れ過ぎのように思います。軽量化という言葉を使いますが、ザックを重たくしないということは、登山者の常識になっています。重たくしないは、なによりも体をデブにしない、という当たり前の作法です。

そして、デブのことだけではなく、ザックも重たくしてはいけません。自分が食べるものは背負わなくてはいけませんが、他人様の分まで持ってくる人がよくいるのです。その分、ザックが重くなりますから、息が切れます。軽量化を優先させましよう。他人に配る食料で、息を切らすのは無駄なことです。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

障害者の子供にアウトドアは自信と独立心を与えてくれる

あるハンディのある子供を持つ家族の話。自信と独立心をアウトドアは与えてくれる。アウトドアのおかげで、カートの人生体験はカラフルになった。メキシコ湾では野生のイルカを間近に見、へラジカやビーバーを森で見 …

no image

登山では各ピッチで休む場所もまず安全を確認しましょう

登山では、少し余力を残しておくことです。予定地に着いた時に息がゼーゼーしてバテていてはどうしようもありません。最後のピッチは少し落としましょう。必ず五〇分でなく、安全な場所がなかったら多少時間が伸びて …

no image

登山で足の疲労以外に気にしておきたい症状

登山で足の疲労以外に気にしておきたい症状。雨が降っていたら、雨が当たらないところまでは、何としても進まなくてはならない。雨具を出して、体の芯まで濡れることを防ぎ、休みながら、少しずつ歩くしかないのであ …

no image

山登りの装備品の基本

その時々の山行にあった道具で効率よく気持ちのよい山登りをしたいものです。さあ、それでは山登りする上での基本的な道具、基本装備ともいいますが、どのようなものがあるのでしょうか。大は小を兼ねるで日帰りでも …

no image

水を飲むと疲れるというのはウソ-スポーツドリンクを携行しておくと安心

最近の車は性能が良いので、ほとんどトラブルはありませんが、昔の車はエンジンのオーバーヒートがよくありました。人も運動すると発熱するので、蒸し暑かったりすると、オーバーヒートしてしまいます。昔は、登山中 …