雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

デートの待ち合わせに遅刻するのが当たり前なパリジェンヌ

投稿日:

統計によると、フランス人は待ち合わせの時間に二五分以内の遅刻だったら、大半の人は多めに見てくれるそうだ。
もし、あなたがデートの約束の場所に先につき、彼を待っていたとしょう。何分以内だったら怒らずにニコニコと待っていることができますか?

女性が一人で先につき、手もちぶさたでいたら、たちまちほかの男性の熱い視線をあびる土地柄だから、待ち合わせの場合はメンズファーストがうまくいくのだ。パリジェンヌはデートの約束には必ず遅れていく。時間どおりに到着するパリジェンヌなんて見たことがない。日本人なら、一〇分ぐらい?二〇分たったら、ちょっと顔色が変わるかもしれない。これがイタリアに行くと、いっきに三五分にのび、ドイツだったら一五分に縮まる。日本人は、ドイツ人ぐらいだろうか。

そう言えば、パリジェンヌたちの頭にはよく何かがくっついている。帽子、バレッタ、塗り着、カチューシャ。意外にポピュラーなのがサングラスだ。実用の意味もあるが、彼女たちはさりげなくサングラスを頭の上に髪の毛をたばねる目的でのつけている。

遅刻することがはじめからわかっている

マダムやマドモワゼルが遅刻することがはじめからわかっているのだから、約束の場所はたいていお気に入りのカフェと相場が決まっている。そこで今か今かとわくわくして待っている彼を、少し驚かせてやるのもパリジェンヌ
の楽しみ。

新しい服を新調できたらいうことはないが、財布の中身がカツカツなので、手もちのアクセサリーやヘアスタイルの変化で勝負する。パリジェンヌは、老若を問わず香りにはうるさい。その日の雰囲気で香りを変えたり、逆にどんな場所やオケージョンにも自分のアイデンティティーとして、いつも同じ香りをつけて登場することにも彼女たちの心意気を感じる。

メークアップは、若いパリジェンヌは驚くほどナチュラルがお好き。ほとんどノーメークが彼女たちのひとつのイキという定義。ほかのヨーロッパの女性と比べてメークアップや厚塗りを好まないのは、パリを三〇分も歩けばよくわかる。だが、四〇歳をすぎたマダムたちは、しっかりメークをして、背筋をのばしてお出かけになる。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

過度のダイエットという罠に落ちる人は大抵がもともと傷つきやすい人

一五歳の少女がファッション誌を隅から隅まで眺めていれば、正常なボディ・サイズについて、ちょっとばかり歪んだ見方をしたまま育ってもおかしくはない。ファッションもそのひとつである可能性は?もちろんある。拒 …

no image

ブラックスーツの着こなしを楽しむ

値段が高い、安い、で一喜一憂している状態ではけっして服は味方になってくれません。理想を言えば、値段に関係なく楽々と自分のものにしてしまう強引さがおしゃれには必要なのです。もし二十万円のスーツに袖を通さ …

no image

30代で素敵な女性を秋のオープンカフェで見かけました

自分の中で、アピールする部分と、隠す部分を見つけると、コーディネートは楽しくなります。上半身が太い場合は、ギャザーやシャーリングなどのデザインでカバーするほうが無難です。というのも、隠そうとするあまり …

no image

ファッション・ブランドの名を冠したものはすべてありがたがるべし

ハンドクリーム、口紅、香水、マニキュア、皿、枕、キャンドル、羽布団、音楽。ラルフ・ローレン、カルバン・クライン、バナナ・リパブリック、エデイー・バウアー、ダナ・キャラン、リズ・クレイボーン、ノーティカ …

no image

トップのファッションライターならまだ批判的な記事を書く余裕があるが

トップ・クラスのファッション・ライターなら、まだ批判的な記事を書く余裕がある。デザイナーへのアクセスが絶たれても、即、食い扶持に困るというわけではないからだ。つまりは、カメラのフレームの中でインタビュ …