雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

デートで緊張するのは男、手紙をとっておくのは女

投稿日:

若い男性は、恋愛関係を優先させると答えた人が六パーセントにのぼった。またたいていの人が、電話がかかってくるのを待ったり、スケジュールを変更したり、オフィスやジムをうろつきながら愛する人を待ちかまえたりするのはもっぱら女性だと考えているが、わたしの調査では、アメリカ人男性は女性よりも頻繁に優先順位を変えるという結果が出ている。

デートで緊張するのは男、手紙をとっておくのは女。男性は、こと愛にかんするかぎりは、女性よりも一途だ。わたしのアンケートでつぎの項目に同意した若い女性は四パーセントだけだった「その人といい関係を築くことは、家族といい関係を築くことよりも重要だ。

こうした男性の融通のよさは、けっして最近の傾向ではない。ルネサンス期のフイレンツェで活躍した詩人ダンテですら、アルノ川にかかる橋で、愛するべアトリーチェと言葉を交わすことを願って何時間もうろうろしていたのだから。

女性は、子育てという重要な仕事にずっと多くの時間を費やす。何百万年にもわたって、男性は交配できそうな相手のために準備を整えておく必要があった。繁殖のための貴重な器を守るためなら、命の危険すら顧みずに。

進化の力もかかわっているのだろう

男性の傾向は、男性が女性とくらべて家族や友人との親密なつながりが少ないという事実によるのかもしれない。しかしおそらく、はるかなる進化の力もかかわっているのだろう。女性は卵ー壊れやすいものーを守る立場にいる。

交配ゲームに勝つために、男性はさらなる「交配努力」を推し進めなければならない。たとえば男性は、デートのときに自分がまずいことを口にしてしまうのではないか、と心配することが女性より多い。

恋する女性の脳は査定し、決断する心理学書の多くでは、女性も男性もほぼ同じくらいの激しさで恋愛の情熱を感じているとされている。

自分の言葉に女性ほど自信が持てない。これは理解できる。平均して、世界のどの地域でも、女性は言葉のニュアンスに長けている。これは女性ホルモンであるエストロゲンと密接に関係する能力だ。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

創造的欲求は文明公害時代に無条件に肯定することはできない

一般に本性とみられている働く衝動、創造的欲求等々すら、この文明公害時代に、無条件に肯定することはできなくなっています。「富をうるために働くんだ」はもちろん、「働きたいから働くんだ」という気持も、批判の …

no image

計画通り主役になるはずだった

X君と何人かが、数カ月後の日曜日に野球の試合をやるから、一緒にやろうよと声をかけた。S君はそもそもこういう形でX君から声をかけられることが内心おもしろくない。自分こそ、この計画の主役になるはずだった。 …

no image

記憶は自己意識にとっては大変たいせつな問題

記憶は、自己意識にとっては、大変たいせつな問題です。今日の私と昨日の私が同じである、今朝、おきたときに昨日から連続した自分が生きている、一回死んで別人が生まれ変わったのではない、それは主として、記憶が …

no image

食うや食わずの生活のたたかいを経てきた世代は

物神崇拝と執着話は、内的、外的束縛から解放されて自分をとりもどしたいと願う私たちは、時に思いきった人生航路を選びます。たとえばある青年は、習慣や道徳を捨て、自分自身のルネッサンスだという。ところが、日 …

no image

催眠暗示によって前世の記憶をある程度たたき込めば

事態における生まれかわりが、私の連続であることが肯定できるとすれば、獲得性の資質や記憶について若干の違いができた場合も、本質的差異はないわけですし、さらに素質さえ、若干違ってもよいことになるでしょう。 …