雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

哲学入門

太宰治のようにモラル観の強い人は

投稿日:

太宰のようにモラル観の強い人は、自分が書くことはどうにか許せても他人が書くことは到底許せないに違いない。まして、どこの馬の骨ともわからぬ新進作家ともなれば、その全身から発した「あなたが嫌いです」という言葉でさえ、ニヤニヤして握りつぶしてしまう。

太宰は一瞬ふいをつかれたようだったが、「そんなことを言ったって、こうして来てるんだから、やっばり好きなんだよ。なあ、やっばり好きなんだ」と答えたという。こういう態度に出る太宰はほんとうにイヤなヤツだと思いますが、「もの書かぬ人」の言うことは唯々諾々と聞いて、「もの書く人」にはたいへん辛くあたる作家はさして珍しいことではありません。

「もの書かぬ人」の抗議には真剣に対応しても、「もの書く人」の言葉は手玉にとって投げ捨ててしまう。こんないやらしい二重の態度を鮮明に打ち出せる太宰は、もの書きのプロであったとしみじみ思います。自分だけにはこうした「書くという業」をとっておく。

繊細な精神は

繊細な精神は、よい本を書いたりよい絵を描いたりよい演奏をしたりすることを通じてひとりでにいわば副産物として獲得されるものではない。それは、それぞれの仕事と並行いで「よく澄んだ眼」をもって「人間」を観察し、それによって得られた知恵を日常生活のすみずみにまで浸透させる、という特別の努力を払ってはじめて養われるのです。

ほかのだれも、こんな反社会的な狂気のような辛い・わびしい仕事などできるわけがないーじつは「してはならない」ーという奇妙な特権意識に支えられている。一流の学者であろうと芸術家であろうと、二流の学者であろうと芸術家であろうと、有名人であろうと無名人であろうと、太宰のような作家のモラルを貫いた作家であろうと、何かを表現する道を選んだ人が繊細な精神をもつことは至難のわざだということです。繊細な精神とは、また日常的卑近な現象から目を逸らさない精神と言いかえることができる。ニーチェは骨の髄までこのことを知っていました。

-哲学入門

執筆者:

関連記事

no image

ポスト構造主義の現代思想の流れの上での重要な共通の特質

ポスト・構造主義には、現代思想の流れの上で、重要な共通の特質がある。それは、今見たような構造主義、記号論の方法上の内在的限界に目を向け、それを乗り超えようとする志向にほかならない。 フランスでは、構造 …

no image

ボードリヤールの高度消費社会の定義

ボードリヤールによって捉えられた高度消費社会の像は、一切のものが、システムの要因として機能してゆくような「閉じられた円環」というかたちで浮かぶ。シミュレーション、シミュラークルとは、この円環、システム …

no image

自己の利益をはかることが同時に他人の利と合致する

自己の利をはかることが、同時に他人の利と合致するのである。後世の大乗仏教においては、例えばシャーンティデーヴァの強調したような自他融合(paratnasanataparatnaparivarta)の思 …

no image

哲学を活かす仕事を選んだ人

私は一歳のときに「死ぬ」ことを解決しいために哲学を一生の仕事として選んだのですが、そのとき以来何もほんとうに何も決していないこと、そしてそのあいだ三年の時間が経っていることに標然としまし私は何をしてき …

no image

戦後的な社会批判を継承するような文脈に接続

記号論はもともと現代社会の「神話」的意味作用の体系を分析する発想から現われた。そこから日本に輸入された記号論は、主としてポスト・マルクス主義的な文脈に、つまり、マルクス主義の従来の方法が無効になったあ …