雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

団体定期保険とは?自動的に更新、継続されていく

投稿日:

団体定期保険は、個人定期保険と同様、被保険者が一定の保険期間(団体定期保険の場合はすべて一年)内に亡くなった場合にだけ保険金が支払われるものです。一年を経過すると、契約者からとくに申し出がないかぎり自動的に更新、継続されていきます。

保険会社によってこの保険の取扱基準に差があると、販売に際して混乱を招く懸念があるので、大蔵省では通達を出して団体の性格、規模、保険金額などに一定の基準を示し、保険業界の秩序を維持するようにしています。
一年経過ごとに、原則としてその団体ごとに保険の収支が計算され、剰余金があれば配当金が支払われます。したがって、実質的にはかなり安い保険料で高額の死亡保障が得られるため、需要の多い保険種類です。

団体定期保険(以下、団体保険といいます)を個人定期保険と比較して、その特徴や相違をみていきましょう。団体保険と個人保険との大きな相違は、加入しようとする人の健康状態その他危険度合いの判断対象が、個人保険では個人ですが、団体保険では団体であるということです。

団体を一単位として観察したうえで

つまり、団体を一単位として観察したうえで、その団体の保険制度上の危険度が一定の標準以下であれば団体としての加入の申込を承認し、その団体に所属する個々人の健康状態は、診査にかえて勤務状況などでチェックし個人としての加入の申込を承認します。

団体定期保険は、多数の人の集団を対象として、原則として加入時の診査なしに、安い保険料で一括して加入する定期保険です。さらに低料率、簡単な手続き、普通に勤務している全員が一括して加入できる、などの特色のほかに、会社が負担した保険料は全額その会社の損金として処理できるなどの利点もあるため、団体保険のなかでは最も普及しています。

団体内の個々の加入申込者が自由に好きなだけの保険の申込ができるとすると、健康状態が相対的に悪い人が、比較的高額の保険に加入するということ(専門用語ではこれを逆選択、または略して逆選と呼んでいます)が起こり、結果的にその保険団体に属する他の契約者に不利益を与えるという問題が生じます。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

年金払いにすることで保険を年金として受取る

年金払いになれば、保険会社は遺族から保険金を預かり、それを確実有利に運用することによって、毎年一回、または一回、その配当金と一緒に年金が間違いなく遺族に届けられます。もちつけない大金をもったための悲劇 …

no image

宗教法人を株式会社に見立てて考えてみる

在来仏教系寺院の概要を見てみましょう。小規模な宗教法人では、住職・裏方(住職夫人)・子息・檀家総代で構成するのが一般的です。そして、責任社員のうちから代表責任社員を選定します。株式会社の社長にあたり、 …

no image

告知義務違反による解除について

保険金を受け取れないのは、いわば成立のときから正常でない契約だけで、不正な契約がそんなにたくさんあるはずはなく、その数も全体の死亡件数にくらべれば非常に限られたものになっています。健康上の問題は、契約 …

no image

保険料の計算-計算機を使う習慣を身につける

保険証券は、日ごろ、大勢の相談者から寄せられる保険証券を見慣れている専門家でも、とても難解で読み違えることがあるという。特に漢字系生保の保険証券は、ゴテゴテと付いている特約が分かりにくく、読むのにー苦 …

no image

ソルベンシーマージン比率とは?その実態など

生保会社のデスクロージャー(情報開示)はお粗末で、信頼できないようだ。格付けのランクやソルベンシー・マージン比率の数字を信頼していたために財産を削られ、どれだけ多くの人々が涙を流してきたことか。泣くの …