雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

団体信用保険とは?その仕組みや内容を紹介

投稿日:

~団体信用保険~

団体信用保険は、被保険者が一定期間内に亡くなった場合に支払われる保険金額が、年月の経過とともに減少する仕組みの定期保険です。この特殊な形の保険は、ローンなど長期にわたって分割返済していく債務があった場合、債務が年々減少していくのに着目したものです。

保険会社、銀行や住宅金融公庫などの住宅ローンを借りた場合、借りた人(たとえばご主人)に万一のことがあっても保険がついていて、その保険で借金を返してくれるので、家はそのまま家族のものになり、家族は安心していられる、というのはいまではほとんど常識となっています。そのローンについている保険というのがこの団体信用保険です。

この保険は団体という以上、加入資格としてなんらかの基準による団体(あるいはグループという方がよいかも知れません)に属していることが必要になります。

万一借り手が亡くなることがあっても

返済期間途中で万一借り手が亡くなることがあっても、そのとき支払われる保険金で借入金の残りは全部返済されるので、抵当にはいっている家をめぐって家族が窮地に立つ心配はありません。

たとえば住宅ローンを借りた場合、その借入金の残高を保険金額、貸し手(債権者)を契約者、借りた人(債務者)を被保険者、返済期間を保険期間とする団体信用保険に加入しておくと、ローンの返済が進み、借入残高が減少するのにつれて、保険金額も減少していきます。

現在、この団体信用保険が実際に販売されているのは、生命保険会社や銀行などが土地・住宅会社と提携して、その不動産会社取り扱いの土地、住宅の賦払購入者を一つの被保険者団体として団体信用保険を利用する、という形が代表的なものです。

また、団体信用保険以外にも、団体養老保険という保険もあります。団体養老保険は、仕組みは個人保険の場合と同じで、被保険者が一定期間内に亡くなった場合および期間満了まで生存した場合、いずれも保険金が支払われます。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

契約者配当金-保険事業の運営に必要な財源をあらかじめ想定

~契約者配当金(社員配当金)~ 通常配当 保険料は、保険金支払いのための財源、資産運用利回り、生命保険事業の運営に必要な財源をそれぞれあらかじめ想定して計算されているので、実績数字と比べると当然、差が …

no image

朝日生命の保険王-積み立ての貯金型だが・・

朝日生命の保険王は、明治安田生命のライフアカウントL・A・とスタイルはまったく同じで、従来の定期保険特約付終身保険という抱き合わせ保険の、主契約部分を積立金という貯金にしてしまい、特約として種々の特約 …

no image

相続税、利子などのうまい話

相続税がかりに一千万円あるとして、遺族がこれを十年間で分割納税すると、利息だけで、十年間で約三百十三万円(毎年約三十一万円)かかります。そこで、こういう話はいかがですか。つまり、自分が元気に働いて十分 …

no image

生命保険の大手だからといって信頼しきるのは危険

保険会社の見分け方、生命保険会社の優劣を見分けようとするとき、あなたは何を基準に考えているのだろうか。圧倒的大多数の人々は、今まで、その会社の規模が大きいかどうか、名前が知られている有名会社かどうかを …

no image

コンサルティングセールスの保険

保険とは、勝った人が必ずしも喜べないギャンブルみたいなものです。おそらく、外資系の保険会社は、日本のマーケットを、胴元は絶対に損をしない大掛かりなギャンブルが普及している場のように捉えたのだと思います …