雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

大統領はキューバへの侵攻を承認しなかった

投稿日:

キューバにミサイルを設置する危険を警告し、それが犯罪的愚行だと非難し続けた人々を嘲笑しながら。ケネディ政権の高官は、大統領はキューバへの侵攻を承認しなかったと言う。道徳的な見地から同程度に愚かなレべルに属する人であれば、毎年一〇月になると街頭に出てクレムリンを賛美する歌をうたうだろう。援助機関など、アフガニスタンとイラクで生じているリスクを警告した人々は、幸い最悪の事態が出来しなかったために嘲笑された。

まぎれもない敵の行動について考える時、我々は自明の理をよく理解するのだが、それを自分たちに当てはめるのは難しい。そうした実例は、最近のアメリカの軍事演習を始め、幾らでもある。だが、ロバート・マクナマラ国防長官は一九六二年一〇月に、閣僚たちに、大統領は何カ月も前に侵攻の準備をしておくよう我々に命じた。そして、我々は詳細な計画を練ってきた。それは一週間後には侵攻を開始できるくらい完璧なものだった、と語っている。

確かに人類史上最も危険な瞬間だったかもしれないが

キューバ危機は確かに人類史上、最も危険な瞬間だったかもしれないが、大惨事が寿ばれたケースはこれだけではない。より一般的に言えば、この事件は武力に訴えるか、あるいはそう脅したがために、予測不能の事態を招いた唯一の実例というわけでもない。実際に起こったこととその背景は、二〇〇二年一〇月の記念会議の参加者が主張したように、間違いなく今日の危機への教訓。

四〇周年記念会議の席上、マクナマラはキューバが攻撃を恐れたのはもっともだ、という自身の見解を繰り返した。キューバ人あるいはソ連人の立場になれば、私もそう思っただろうと、彼は言った。他にも理由は多くあるが、正気の人間はそれだからこそ、武力行使を最後の手段と理解し、きわめて重い立証責任と向き合っているのである。その他の教訓は、アメリカとヨーロッパの矛盾に満ちた関係という、この記念会議で話題になったもう一つの問題に直接関わっている。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

アメリカの政治的リーダーシップを警戒するヨーロッパ人

キューバのミサイル危機から、ヨーロッパ人がアメリカの政治的リーダーシップを警戒する理由が幾つか見えてくる。ケネディのエクスコムは北米だけでなく西欧も核で破壊しかねない決断を下すにあたって、同盟国との相 …

no image

第二次世界大戦末期の国際政治における際だった断絶

一九一八年にロシアを防衛的に侵略したケースは、二〇〇二年九月に帝国主義的なビジョンを追求する急進的ナショナリストが宣言した予防戦争の理論のもう一つの前例であることに留意されたい。ロシアにおける社会秩序 …

no image

パキスタンとインドの争いに火をつけたテロ攻撃

ソ連軍の撤退後、アメリカとその同盟者(その中にアルカイダを始めとするイスラム聖戦士が含まれる)によって徴募され、武装及び訓練されたテロ組織は矛先を他国に向け、一九九三年三月には前代未聞のテロ攻撃でイン …

no image

ヨーロッパ諸国を実物教育

NATOの空爆目的は、米国政府によって確立された冷戦後の時代の支配体制下に置かれないだろうと期待するヨーロッパ諸国を実物教育することだった。コソボの人々の窮状は懸案事項ではなかった、とべースヴィッチは …

no image

ニカラグア人の希望は超大国の介入によって打ち砕かれた

ナチス・ドイツや南アフリカやソ連、更には米国防総省によって、幅広く模倣された。自国民に対する支配的な態度を率直に説明したもので、国内の敵はしばしば徹底的なプロパガンダによって統制しなければならないが、 …