雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

大惨事に発展しうる重大な危機を前に指導者が脅迫や武力に訴えた例

投稿日:

アメリカ人の多くは例外的な特権と自由を享受し、それゆえに将来を左右する能力をもっている。だからこそ、特権につきものの責任には慎重に対処しなければならない。この国の行動と指導原理は、地球上に住む全ての人々にとって主要な関心事に違いないし、アメリカ人にとっては尚更そうである。覇権か生存かを巡って、これほど明白に選択を迫られた例は、過去にはまず見られない。この複雑なタペストリーに織り込まれた多数の糸のうち何本かをほぐし、地球全体の覇権を宣言する世界的な大国に目を向けてみよう。

大惨事に発展しうる重大な危機を前にして、指導者が脅迫や武力に訴えた例は、過去に幾らでもある。だが、そうした決定に伴う危険が今日では極度に高まっている。暴力的な国家では、障壁は隠蔽されていない。だが、より民主的な社会では、障壁は捉えどころのないものになっている。自らの責任と向き合うために、民主主義と自由ーあるいは人並みの暮らしを本気で追求しようとするなら、その途上に障壁があることに気づかなければならない。

最も優れた人間を自称する人々が衝撃を受けたのは

一七世紀当時、最も優れた人間を自称する人々が衝撃を受けたのは、人の姿をした軽薄な獣の群れが、イギリスに吹き荒れた国王と議会との間の内戦という基本的な枠組みを否定して、我々が何を望んでいるのかを知っている、我々と同じ田舎者による統治を要求したことだ。一般大衆を支配することは、いつの時代でも権力者や特権階級の主たる関心事であり、一七世紀にイギリスで最初の近代民主主義革命が起こって以来、特に重要な問題となっている。

野蛮な社会と自由な社会とでは、手段こそ大きく異なるが、目的は多くの点で似通っている。つまり、アレグザンダー・ハミルトンが大いなる獣と呼んだ国民が、所定の艦から逃げ出さないようにすることが目的なのだ。我々に法律を課しているが、それはただ、恐ろしいから選ばれている存在にすぎず、我々をしいたげるナイトやジェントルマンによる統治を拒んだのだった。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

潜在的な敵がアメリカを凌ぐ軍備を強化することを思い止まらせる

二〇〇二年秋になると、世界各国の関心は史上最強の国家に向けられた。圧倒的な軍事力による感藤とその行使によって権力を維持する意悪を、その国が宣言した。一極世界を永久に維持し、いかなる国家にも国家連合にも …

no image

ブッシュの外交政策に見られる腕に落ちない二重性を指摘

重要なポイントは、国防総省の立案者であるボール・ウォルフォウィッツによって明確に述べられた。どうすれば最もアメリカ人の役に立てるのか、考えてみましょうと言うべきなのだ、と彼は主張した。彼もトルコ政府の …

no image

アメリカの対テロ戦争は新たなテロリストの避難所を創り出しただけ

フィナンシャル・タイムズ紙の編集者は、ジッダにおけるテロリストの残虐行為について予期できなくはなかったとコメントしたが、それは正しい。社会政治的に微妙な問題は、爆撃やミサイル攻撃では解消できないと、二 …

no image

フランスを安全保障理事会から追い出し代わりにインドを入れるべき

インドの方が最近ではフランスよりもよほど真撃であり、フランスは、幼稚園でよく言われるように、他の人とうまく遊べない。トマス・フリードマンは、フランスを安全保障理事会から追い出して、代わりにインドを入れ …

no image

ブッシュ政権はEU、国連、露、米によるロードマップの公式発表を妨害

イスラエルの入植地はほぼどこでも、植民活動が急速に進められており、交通とアクセスのパターンに大変革をもたらしている。それは、大きく拡大されたイスラエルの中で統合されていったこれらの土地を恒久的に支配す …