雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

環境問題

ダイオキシンによる内分泌かく乱作用

投稿日:

アメリカ北部のスペリオル湖、ミシガン湖、ヒューロン湖はダイオキシン類に汚染された湖として有名です。これらの湖にすむミミヒメウという鳥は、その湖の魚を食べていますから、ダイオキシンに汚染されています。この鳥が産んだ卵は、殻がやわらかく、親鳥が抱くと殻が壊れてしまうほどです。これは、親鳥の体内で卵ができるとき、殻にカルシウムが十分に沈着しないために柔らかくなってしまうのだと推測されています。

ガンによる死亡は、ダイオキシンに被曝してから二〇年後に増えることが指摘されています。ダイオキシンはガンを発生させる化学物質ではなく、ガン化した細胞の増殖を促進する物質だからです。乳ガンや子宮ガンによる死亡率が減っています。これは、ダイオキシンに、女性ホルモンを分解したり、女性ホルモンの作用を弱めたりする働きがあるためと考えられています。

汚染地帯では、男子より女子の出生率が高いことが示されており、これから見ても、ダイオキシンが内分泌搬乱物質であることが示唆されています。

母乳を通して赤ちゃんに移行します

ダイオキシンはまた、母乳を通して赤ちゃんに移行します。母親が摂取したダイオキシンは、脂肪組織に蓄積して、母乳の中に入ります。母乳には脂肪がたくさん含まれていますので、女性が一人の子供に半年間母乳を飲ませると、母親のもっているダイオキシン類の四〇パーセントが、一年間のませると六〇パーセントが赤ちゃんに移行するといわれています。

女性ホルモンが少ないとカルシウムの沈着が少なくなります。ダイオキシンが、ミミヒメウの女性ホルモンを低濃度化したために、殻がやわらかくなったと考えられる。ダイオキシンは雌の個体ばかりでなく、雄にも作用します。2、3、7、8ー四塩化ダイオキシンを投与すると、サル、ラット、マウス、モルモット、ニワトリなど、多くの動物で精巣の機能が減退したという報告があります。

また、ペニスなどの外部生殖器も小さくなります。生殖毒性は個体の数の減少から、種の絶滅まで、生物の存続にとって特に重要な問題ですので、早急な対策が必要です。

-環境問題

執筆者:

関連記事

no image

日本や世界の食糧問題

インドはどうでしょう、ロシアはどうでしょう、アフリカ諸国はどうでしょう。南米や東南アジアはどうでしょう。十五年後、中国の三億人分の不足を含めて、世界全体ではそれを大きく上回る、おそらく一億人分以上の食 …

no image

食品衛生法の改定と安全基準

たくさんの輸入食品を検査するのですから、できるだけ簡単に、短時できるようにと検査規定がゆるめられて行きました。そして、一九九五年に二三年ぶりの「食品衛生法」の改定がおこなわれ、輸入品の入国時点での食品 …

no image

地球のために私たちができること

地球の将来のために、一人一人ができることがあります。お風呂の追いだきはやめましょう。沸かしすぎ、空だきは禁物。みんなで続けて入る。お湯は必要なときに必要な量だけ使う。有髄、シャンプーは少なく洗濯の回数 …

no image

外部経済、不経済の考え方

外部経済、不経済の考え方は、イギリスの経済学者アルフレッド・マーシャルが初めて用い、その弟子で厚生経済学を確立したA・C・ピグーがさらに発展させました。ピグーは、外部不経済が発生する場合は、課税によっ …

no image

チェルノブイリ原発事故の影響や健康被害などはどうだったのか

チェルノブイリ原発事故から後でも、原子力発電所の周り、半径三キロメートル以内は立ち入り禁止地区となっています。事故処理に直接従事した作業員のうち五万人以上がこれまでに死亡したとするデータもあります。 …