雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

第二次世界大戦末期の国際政治における際だった断絶

投稿日:

一九一八年にロシアを防衛的に侵略したケースは、二〇〇二年九月に帝国主義的なビジョンを追求する急進的ナショナリストが宣言した予防戦争の理論のもう一つの前例であることに留意されたい。ロシアにおける社会秩序の変化と、その発展が他国に及ぼす悪影響の可能性を考えれば、ロシア侵攻は正当化できたのである。それゆえ、攻撃は防御なのであり、これもまた合理的な不合理であって、公式政策の仕組みがきちんと理解できれば、全ては首尾一貫していた。

ジャーヴィスの念頭にあったのは、民主的な平和だった。何世紀もの間、ヨーロッパ人は殺しあうことに専念し、その過程で世界の大半を征服してきた。第二次世界大戦末期の国際政治における際だった断絶(ロバート・ジャーヴィス)。一つの要素は、アメリカが初めてグローバル国家となり、ヨーロッパの競争相手を追いやり、他に匹敵するもののない経済力と権力を駆使して入念かつ巧妙に世界システムを構築したことだった。

西洋文明はその伝統的な慣習を過激に追求してきた

西洋文明はその伝統的な慣習を過激に追求してきたおかげで、自滅する瀬戸際にあった。民主的な平和が反映するのは、議論民主主義や市場経済といった制度とリベラルな規範が見事に組み合わさったものなのである。こうした要素は充分に現実的なものだが、それらが際だった断絶にどれほど貢献するかは、それなりに注意を凝らさなければ正確に評価できない。

冷戦の超大国間の対決もその理解から外れることはなかった。西洋の列強はまだ無防備な弱小国に対して暴力を振るうこともできるが、互いには力を行使しえない。一九四五年になると、彼らはゲームが終わったことに気づいた。次に再開される時は、それが最後になるのだ、と。ヨーロッパは今では内部的には平和になった。だが、グローバルな規模で見れば、その慣習も制度も、支配的な文化も、ほとんど変わることなく存続している。重大事が起こる兆候は、軽く見過ごすわけにいかないのである。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

国際的無政府性-上位の政府が存在しないこと

国際的無政府性ー上位の政府が存在しないこと一は、もし一定の基本原則が遵守されるならば、必ずしも混乱と同義ではない。主権と非介入こそが、無政府的な世界システムに秩序をもたらす2つの原則なのである。それと …

no image

正義のための戦争の典型

絶対的な平和主義者と、多くの人に憎まれているかは滞りなく虐殺されるべきだと考えるよう次々を除けば、アフガニスタンへの爆撃は間違いなく正義の戦争だとほとんどの人が認める。高名な政治哲学者のジーン・べスキ …

no image

ファシズムはイタリア人の間で民主主義の脅威を押し潰した

陽光が降り注ぐ原始的な国では、人々の要求は先進社会よりも通かに少ないから、一九五九年に、キューバに樹立されたばかりのカストロ政権をアイゼンハワー政権が転覆させようとした時、CIAのアレン・ダレス長官は …

no image

どの国もメソポタミアやシリアなどの豊かな地域を支配することによって

歴史を通じて、ほとんどの知識人が通常とる態度である。だが、崇高な意図の公言は予測可能であり、従ってそこには何ら情報は盛り込まれていず、厳密な意味での情報すら含まれないことを察知する必要がある。国内の政 …

no image

中国とインドは商工業の重要拠点だった

日本の平均余命はヨーロッパよりも長かったかもしれない。東アジアは公衆衛生面ではヨーロッパよりもずっと進んでいたし、恐らく市場システムもより高度なものだったと思われる。一八世紀に、中国とインドは商工業の …