雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

第二次世界大戦からの深刻な教訓がもたらした影響を例証

投稿日:

第二次世界大戦からの深刻な教訓がもたらした影響を例証しよう。これは忌わしいテロと残虐行為を伴った作戦行動で、いつもながら高尚な理想に導かれた行為だった。一九五〇年代に、ケニアでは植民地における反乱をイギリスが弾圧する過程で、一五万人ほどが死亡した。彼らの土地と資源をイギリスが支配するのは権利としてであり、我々の祖先の偉大な栄光を反映する歴史上の出来事からの産物なのである。イギリス総督は、一九四六年にケニアの人々にこう説明した。

アフリカ人はとにかく、一九世紀末及び二〇世紀に人道主義的な衝動にかられて我々が作った世界の中で暮らすことを学ばなければならない。現在、この国の富の大部分が我々の手中にあるとすれば、それは我々が作ったこの土地が、我々の正当な土地ー我々が勝ちえた権利によるものだからなのだ。イスラエル軍の司令官は、圧倒的な戦力を自由に操る人々が一般に採用する軍事ドクトリンに頼るだけでなく、経験則にも従っていた。

破壊手段が増えるにつれ

破壊手段が増えるにつれて、そうした行為の代償は驚異的に高まるのである。二〇年前の第一次インティファーダで、ラビン首相が軍を出動させて占領地の人々を骨折させたり、殴り、拷問にかけたりして屈辱を味わわせ、蜂起を鎮圧した時そうした事態にならなかった。二〇〇〇年一〇月に、パレスチナ人を無慈悲に集団処刑することによって鎮圧する大掛りな作戦の遂行を命じた時、彼らはその戦術が犠牲者を血みどろの復讐に駆り立てることは、恐らく予期していなかっただろう。

当時は、過去にそうだったように、戦術はおおむね奏功したのだ。今では七五万人の若者がイスラエル国防軍で兵役についたことがあり、軍の任務が戦場で外国の敵から国を守るだけでなく、無実の人々の権利を踏みにじることでもあるのを知っている。一九八二年一二月、入植者の暴動が起こり、イスラエル国防軍が占領地でテロと残虐行為を働き、イスラエルのタカ派にさえ衝撃を与えた時、軍事問題を研究するある著名な専門家が、イスラエル社会が抱える危険性を警告した。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

国際テロリストの中でも悪名高いボサーダ

一九九七年にキューバで起こった爆破事件では、イタリア人旅行者一名が犠牲になり、マイアミまで追跡調査が行われた。犯行声明はマイアミを拠点とするグループから出ていた。ミサイル危機の三〇周年を迎えた年に、キ …

no image

中東で生じたアラブ独立を促すナショナリズムの脅威

中東で生じたアラブ独立を促すナショナリズムの脅威は一九六七年の戦争までに克服された。北アフリカの危機は、アルジュリア独立と共に終結した。インドネシアの危機は、小作農を大量虐殺して解決された。ニューヨー …

no image

アメリカは自分たちが妥当と見なせば武力を行使する

今後は武力が支配するのであり、アメリカは自分たちが妥当と見なせば武力を行使するのだ。この戦略はアメリカの敵が脅威を感じて、彼らの募る怒りから行動を引き起こす機会を増加させる、とアナリストは結論した。 …

no image

ケネディにとってミサイルの存在は耐えがたいものであった

10月16日火曜日の午前9時直前に、ケネデイの寝室に国家安全保障問題担当大統領補佐官のマクジョージ・バンディ(McGeorgeBundy)が「最も深刻な問題」が起こりつつあることを示す写真を持ち込んだ …

no image

FBI上層部のメンバーがキューバを訪れキューバ側の捜査当局と会談

一九八九年、誕生したばかりの初代ブッシュ政権から、ボッシュは大統領による特赦を受けた。これはジェブ・ブッシュブッシュ二世の弟と南フロリダのキューバ系アメリカ人の指導者たちが盛んにロビー活動を行い、司法 …