雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

大学病院教授は給料が安いからアルバイトで稼ぎまくるらしい

投稿日:2014年11月24日 更新日:

助手になったところで月給は四十〜五十万円、助手になれなければ何年いても研修医並みの十四〜十五万円程度しかもらえないし、ボーナスもない。これでは研究が続けられなくなるし、開業して少しは生活をラクにしてもらいたいと思うようになるようだ。

地位が上にいけばいくほど稼ぐチャンスが増えるから、大学病院にいれば誰だって教授になりたがる。研究が学者の本分だから地位に関心が薄い、なんてことはない。やっぱり豊かな生活をしたい。私立医大の場合は深刻で、どこでも研究費の捻出に頭を痛めているようだ。それで系列病院や地方病院に医局の人間を派遣したがるし、その謝礼も一人につき二十万円というのが相場になっているらしい。

それで、地方病院も困っているようだ。講師クラスに二十万円払うより、国立大の教授が十万円で来てくれたほうがいいに決まっているから。ただ、たとえば内科の部長がその医大出身だとすると、派遣するといわれれば断りにくいもののようだ。

アルバイトはしてはいけないのが普通だが

国家公務員なわけだから、アルバイトはしてはいけないのが普通。でも大きな顔してできるのは、地域医療への貢献という大義名分がある。研修医がアルバイトなしではやっていけない実情があるようだが、アルバイトは実は研修医に限らない。国公立大の教授クラスでもやっている。もらった金を正しく税務署に申告すれば、それですべてが許されるのである。地域の医療機関から医師派遣の要請があったとして、これを学長が許可する形をとる。

無名の医大出身者を常勤で雇うより、週一でもそうした人に来てもらいたいというのが本音であるようだ。地方の私立病院にしたって、国立大の権威ある教授が、一週間に一度でも来てくれるとなればハクがつくというものだ。教授のバイト料は一日少なくとも十万円で、二十万円出すところもあるという。

教授クラスの月給は、国公立大の場合で七十万円。しかし学会に出席するための旅費とかは自分持ち。入る金は大きくても、出る金も大きい。また形だけでも研究はしているので、補助を受けられなければ研究費も自分持ち。そうしたことも教授のアルバイトに拍車をかけているという。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

タレント教授で生き残る大学病院のやり方

自分の大学病院の情報を外に発信することが、社会的にも、自分の大学病院にとっても重要であり、社会的にも、自分の大学病院にとっても重要であり、社会的要求であると理解できるようになるには、まだまだ時間がかか …

no image

裏金-研究費という名目で裏金が病院に流れているウワサ-用語集

・講座 もちろん、講座といっても、医者が患者を一同に集めて病気の話をするわけではない。普通の会社でいうと、〇〇部にあたるのが講座なのである。大学病院によっては、内科がいくつかに分かれていて、内科学第一 …

no image

医学界ではギャグは流行っていないようです

本来、上司のギャグには、たいしておかしくなくても、瞬発的に反応しないといけないのが、今や不文律です。わざとらしく大笑いしなくても、口元を少し動かしクスッという笑う途中までの仕草だけでじゅうぶんだそうで …

no image

医療求人サイトランキング

あなたは今の職場に満足されていますか?収入や人間関係、待遇問題など、不満を持っている方は多くいらっしゃるのではないかと思います。ここでは、今の仕事に不満があったり、やむおえない事情があって、転職を考え …

no image

看護師の服を特注で作らせているある個人クリニックの院長

都内にある個人クリニックの院長は看護婦の制服を特注で作らせているようだ。あきらかに、患者を獲得するためだろう。最近は素材がポリエステルになって透けにくくなっているが、それでも夕方の逆光などでは体の線が …