雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

大学病院は研究をするところで臨床は周辺の病院で学べばいいという意見

投稿日:2014年11月20日 更新日:

大学病院は研究をするところで、臨床は周辺の病院で学べばいいという意見もある。この考えは一部の医者に根強く残るものだ。このような臨床軽視、研究至上主義が現在の大学病院の状況を作り出したといえる。大学病院が医学教育機関であるということを続けようとするなら、臨床教育機関であることも、もう一度考え直す必要があるのではないだろうかという意見は多い。せっかく意欲を持って卒業していった若い医者を受け止めるだけのものは、現在の大学病院のシステムにはないのが現状のようだ。

アメリカの医療制度がすべてうまく行っているわけではないが、こと医者の教育という面では、つぎ込まれた資金にしても、圧倒的に差をつけられてしまったらしい。日本の軟弱な研修医制度は、ほとんどが安い労働力を大学病院に供給するシステムとなっているにすぎない。そんな環境のなかで臨床を学ぶことは、ただ単に医局という階層組織でどうすれば生き残っていけるかを垣間見るだけになってしまう。

自分たちの勢力を広げる兵隊にすぎない

医局にとって研修医は、自分たちの勢力を広げる兵隊にすぎないという。医局はその臨床技術を教えながら、次の医学研究者も育てる必要があるが、とてもそんな状況ではない。その結果が、現在の日本の医学研究がなかなか世界に通じない、一つの原因となっているようだ。

研修医がそのことを次第に自覚するようになると、高尚な理想を掲げ、医者になった人でも、その落差にやる気を失うことになる。人によってはそこで日本の医学教育システムに嫌気がさし、海外へ出て行く医者も多くなった。実際、アメリカの医学教育のシステムは、日本のものと比較すらできないほど、先を行っている。その結果が医学研究で大きな成果を上げることに結びついている。研修医は学ぶ側と見なされるために、彼らの意見が医局で通ることはなく、ましてや大学病院の教育システムを改革することはできない。卒業後の医学教育システムを改めない限り、日本の医療の本質的な改革、患者のためのよりよい医療などというものは実現しようはずもないのである。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

ストーカーの思いこみと妄想

ストーカーは、勘違いをすることがよくある。女性は何もしていないのに、気を引こうとしているなどと思い込むことがある。いわゆる妄想性認知といわれるものだ。 好かれていると勘違いするストーカーは多い。激しい …

no image

エアコンが寒い暑いと病室で争う前に

毎年モメことが起きるのが大部屋のクーラーです。20歳くらいの若者は、暑くて夜も眠れません。これじゃああせもができちゃいます。冷房をもっときかせてください。体に悪いからクーラーを止めてください。窓を開け …

no image

これはいい!勤務環境充実の病院求人が見つかるサイト

職場の環境の良し悪しは、毎日仕事をする医師にとって非常に大事なことです。転職をする際、いくら給料の良い職場に入職できたとしても、職場の環境が悪ければ、すぐに嫌になってしまいます。 近年、女医さんの数が …

no image

病院へ行く理由がないのに何度もくる老人が多いらしい

昔から4コマ漫画では、病院の待合室にいるお年寄りが数人集まって、今日、〇〇さん来てないけど、病気にでもなったのかねぇと話している風景がありました。行くところがないから病院行ってくる。これって、現実にあ …

no image

患者とのコミュニケーションのスキルの問題

今のご時勢、一方では医者より学歴の高い患者さんは、とくに都会ではたくさんいるし、インターネットを駆使して相当の知識を持つ患者さんも少なくない。その一方で、学力低下のせいか、かなりわかりやすく説明しない …