雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

大学病院の派閥や学長選・院長選などの構造

投稿日:2014年11月19日 更新日:

医者がやる気をなくしてしまうような、大学病院の裏側。看護部や経理事務などのセクションが、人事に何の影響力も持たないのもふつうと言われている大学病院。派閥、学長選・院長選、教授選などの非常に複雑な人間関係など、複雑に絡み合うものがあるようだ。主任教授のなかから医学部の長である学長、大学病院の責任者である病院長が選ばれる。学長選や院長選になると、主任教授選と同じように裏でかなりの動きがあるようである。

主任教授という役職の上には、院長や学長があり、その上には経営責任者である理事長というポストもある。理事長はとくに、新設私立医大では創設者の身内で固めていることが多いようだが、その点、既設の医大では、世襲制ではなく、むしろ外部からの優秀な人材を登用するようになっている。医療に市場原理が働き、自由競争になってくれば、株式会社と同様に世襲制では生き残っていけないだろう。

非常に複雑な人間関係が出来上がっている

大学病院内ではこのように、主任教授選だけでなく、こういった院内の人事も働くために非常に複雑な人間関係が出来上がっている。いずれにしてもこういった重要な人事が、ほとんど学内で完結してしまうところに、大学病院という組織の大きな欠陥があり、自浄努力だけでは無理なのだ。

選挙で自分に投票した者から、次の組閣である学務部長、図書館長などが決まるから、そこで派閥が生じてくる。まさに政治家の世界と似ているともいえる。学務部長、図書館長などは次期学長への試金石になる重要な役職で、そうなれば自分の派閥の教授を登用するのは当たり前のことになる。そうやって学内や院内の人事は選挙を中心に回っていくことになる。

他の看護部や経理事務などのセクションが、そういった人事に何の影響力も持たないのもふつうで、大学病院という組織はいかに医者だけで動かされているかということの証である。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

病院の系列を知っておけば医師が求人を選ぶ際に参考になる

大学病院には、その中でいくつかの系統があります。大きく分けて、旧帝大系、独立系、新設系の三つに分けられますが、患者に圧倒的に支持されているのは、やはり旧帝大系の大学病院です。旧帝大系は、東京大学を頂点 …

no image

ここはいい!症例数の多い病院への転職が可能な紹介サービス

症例数が多いということは、医師の成長を早めてくれることになります。また、諸霊枢が多いということは、それだけ病院へ患者さんが来院してくれるということなので、患者さんから信頼されている病院ということになり …

no image

東大理科Ⅲ類は受からない?

医学部受験生、とくにできる医学部受験生にとって東大の理科Ⅲ類は憧れの的だろう。ドラゴン桜(講談社)では、受かるのは宇宙人のように言われたが、現実にはどうなのか?宇宙人ということはないし、緑鐵受験指導ゼ …

no image

良性腫瘍とは?医師がごまかすために使うことが多いといわれる

・良性腫瘍 医者からガン告知をされていなくても、たいていの患者は手術を受けた時点で、自分がガンだと気づく。病院にもよるが、患者にガンであることを告知する割合はだいたい3割くらいだ。あとの7割は、良性腫 …

no image

看護のお仕事はつらくずっと寝ていたいと思うもののようだ

ナースをはじめ女性の医療スタッフは、患者さんがうらやましいわねぇ、一日じゅうゴロゴロ寝ていられるし、そのうえ三食は確保されているし、いつかは患者になりたい、寝ていたい、なんていう人がいるようです。普通 …