雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

大学医局-医療の改革、最先端研究とは関係ないレベルにいる

投稿日:2014年11月19日 更新日:

日本の医学部にいる医者の多くは、保守的で現状に満足し、医療の改革とか最先端研究とはいっさい関係のないレベルにいるのではないだろうかという。本当に挑戦的でやる気があり、世界で通用する能力のある医者は研修医の時点で母校を飛び出し、海外の研究施設で世界を相手に研究をする。そういう医者もわずかであるがいるようだが。

研究、臨床、教育に及ばなければいけないがその明確な基準はなく、ほとんどが研究の評価だけで終わる。大学病院の医者を、さまざまな角度から評価する必要がある。それだけに、教授の個人的な判断のウエイトが大きく握る。

教授は自分の腹心から、医局内部の情報を探り出し、医局員がどう自分を評価し、どう思っているかを探り始める。当然、医局員も主任教授からいい評価を得ようと考えるようになる。医局での教授の絶対的権力は、医局員のすべての行動に及ぶ。ときにはプライベートな問題にまで関与するある意味で医局内は情報戦が練り広げられているともいえるだろう。

権力者は安定を好む

権力者は安定を好むために、オリジナリティーの高い医者、目立つ医者は排除し、同じような研究が黙々と続けられる。ある意味では変化を好まない医者が医局に残っていくことになる。それがいまの日本の医学研究の停滞のもとにもなっているといわれる理由だ。

外部からの医局員の評価は問題にされないし、そういうシステムはない。医局に残っている講師以上の肩書きの医者たちは、長年の経験から、どうすれば教授に認められるかわかっている医者たちでもある。当然、それは研究テーマにも関係し、自分のオリジナリティーより教授の評価が優先されてしまうわけだが、最先端の医学はもはや一人の教授が評価したり理解できるものではない。

そんな現状のなかで、医局の医者はいくつかのタイプに分かれてくる。教授も各医者をそういった目で見ていく。医局にしがみつき、教授のイエスマンとなり、教授に言われるままに論文を作り続けるタイプ、ゆくゆくは親の開業している医院を継いで、開業医として働く者、医局に不満を抱いたまままったくやる気を失い、適当に医療をやっているタイプなどに分かれる。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

エディプスコンプレックスは女の子でも起こる

エディプス・コンプレックスは、父親を独占したいと望み、母親を敵視して亡き者にしようと願う心理だ。 エディプス・コンプレックスは、女の子の場合にも認められるとされている。男の子だけでなく、女の子の場合に …

no image

町医者は設備が乏しく入院ができないということはない

一般に、町医者は設備が乏しく、入院ができないと言っている人に限って、医療機械を駆使した詳しい検査をする必要もなければ、入院治療を要しないケースが多いように思います。 ドクター一人の医療機関に多くの設備 …

no image

アトピーの原因や症状は?薬で治療できるのか

アトピーは、はっきりと原因が解明されている病気ではありませんが、皮膚の状態が良くない時に、ダニやほこりなどのアレルゲンの侵入があった時に発症するのではないかと言われています。 アトピーは基本的に子供に …

no image

医学部を卒業してから自由な研修ができるのは

あまり地域枠にしばられることを重く考える必要はない。しばられるのは、せいぜい十年だ。これは自治医大などと同じだが、十年くらいはあっという間のようで、それ以降は普通の医者と同じようにやっていけるし、逆に …

no image

医師の休日はあってないようなもの

今はもう見なくなったポケベルですが、ポケベルは、昔は、まだ特殊な職業の人しか持っていなかったモノです。大学病院での勤務医はポケベルの費用も自費でした。当直で稼いだお金で、ポケベルを買ったり、リースの契 …