雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

CDで聴かないものは思い切って捨てよう

投稿日:

・数か月聴かなかったものは思い切る

すべてをストックしておくと、当然収納スペースにも限界がくる。かつてのレコードにくらべればはるかにコンパクトになったとはいえ、数が多くなればCDもそれなりにかさばる。CDを処分するのはしのびないと思うかもしれないが、数か月間、一度も聴いていないというようなCDは、思いきって処分してしまおう。よほど好きなアーティストのものでない限り、後生大事にストックし衣類と同じで、流行遅れのものをいつまでも所有していたり、似たアイテムがいくつもあっても意味はない。

どこに何をしまったかリストを作っておく

どうしても捨てられないないといった本は、ダンボール箱に詰めるなどして、押し入れの天袋などにしまうことがある。部屋が狭くて、室内に書棚はこれ以上置けない。ほかにも、ベッド下、玄関ロッカーのいちばん奥といった、デッドスペースになりやすいところが、本の収納場所として使えそうだ。しかし、それだけではまだ完壁とはいえない。そのままだと箱の中身は何で、どの箱をどこに置いたかわからなくなり、いざ取り出して読もうというとき迷うことになる。そこで、こうした収納にあてる本は、場所別にリストをつくっておくとよい。そのリストは書棚のわかりやすいところに保管しておこう。

捨てるCDはこうして選ぶ

絶対に手放したくないものを選び出したら、迷うものを一枚一枚手にとって確かめていく。ケースはすでにいっぱい、棚に積んでおいても山がくずれる状態、しかも聴きたいものを取り出そうとすると、どこにあるかわからない。こうなったときがCDの処分時であり、捨てることを考えなければダメだ。どんなシチュエーションでかけるだろうかとか、どんな気分のとき聴きたくなるだろうかと考えてみて、何も思い浮かばないようなら、それはなくてもすむCDと判断してしまおう。廃盤になっているというような貴重品でなければ、中古屋に売れるものは思いきって売り、あとはゴミ置き場行きにしよう。ちなみにCDは、不燃ゴミとして扱う自治体が多いようだ。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

簡単棚作り-サイズに合わせて作れる

・サイズに合わせて作れる棚 棚を付ける場所によって方法が違います。壁面に付けるときは受け手金具、壁と壁の間に付けるときは受け木を取り付けます。また、家具などで棚板を増やしたり位置の変更をしやすくしてお …

no image

ロングブーツの収納-袋に入れて吊るすというアイデア

・ロングブーツは袋に入れて吊るす 箱に入れておくにせよ、そのまま片づけるにせよ、場所を取ることに変わりはない。ロングブーツは収納場所を確保するのが大変。少しでも場所を取らずに収納するには、つるしておく …

no image

壁に手垢がつくのを防止する方法

・靴をはくときなど、壁に手をつくので、手あかがつくのではと心配です。 ニス塗りになっていても、長い間そのままにしておけば、やはりニスが摩耗してくれば、汚れはしみこむわけですから、注意していて早めにウレ …

no image

電化製品の箱の捨てるほうがいい

・電化製品の箱はとっておいてもムダ あとで中古で売るとき、箱のあるほうが高く買い取ってもらえるから、というのがその理由だが、昔からマニアのあいだでは、パソコンの空き箱は捨てないでとっておいたほうがいい …

no image

玄関ドアをきれいにする方法

・玄関ドアはいつもきれいに 玄関はその家の顔。ニスがはげているのを放置しておくとドアが傷みやすくなります。塗装がはげていたりするとみっともないものです。ここでは木目のあるニス塗りのドアて説明します。ま …