環境問題

環境問題

交通体系の構築や自然との共生などの重要性

地域社会にとって、交通問題は頭の痛い問題。特に東京や大阪などの大都会では、自動車による大気汚染、騒音、交通混雑などが大きな問題になっています。公共輸送機関の活用などによって、都市の中心部への自動車の乗り入れを排除するなど […]

環境問題

環境インフラの枝

環境インフラの枝。この枝には、環境基本法など環境重視の経済社会をつくるための法律、資源リサイクルを促進させるための法律、有害化学物質を規制する法律などの葉が繁っています。燃費効率、情報技術、バイオ、さらに新エネルギーや自 […]

環境問題

環境樹を育てるための構成要素

経団連の会長を務めた土光敏夫さんの人生訓は、「日々新たなり」という言葉でした。アマゾン奥地を旅行したとき、ひときわ目立つ巨木を指差しながら、「僕らの時代は終わった。もう君らの時代だ。今日は無理でも明日はあの樹を超える樹が […]

環境問題

地球の将来や環境対策を話し合う会議

このようなひとつの円卓を囲んで地球の将来や環境対策を話し合う会議は、欧米でもこれまで例がなく、それが日本のイニシアチブで開催できたことは、大変な成果だと外国からの参加者が日々に激励してくれました、と語るある専門家。 新聞 […]

環境問題

熱気溢れた授業が経済人によって展開される

熱気溢れた授業が経済人によって展開されているはずです。世界に広がる経済人の輪「経済人の会」は、二〇〇〇年五月、国連大学高等研究所、地球環境戦略研究所、さらに日本経済新聞社、日経エコロジー誌(日経BP社)の協力を得て、「日 […]

環境問題

経済人、経営人の取り組みや将来戦略

世界に先駆けて、低公害車の「プリウス」(ハイブリッドカー)の販売に踏み切ったトヨタ自動車の豊田章一郎さんは、「人類全体が地球環境の保全という共通の価値観をもたなければならない」と強調、アサヒビールの樋口廣太郎さんは「産業 […]

環境問題

経済人という言葉

「経済人の会」は、九七年秋に、静岡県・御殿場の経団連ゲストハウスで、一泊二日をかけ、経済人と日米欧の環境NGO代表とが直接肩書き抜きで話し合うフォーラム「二一世紀への握手ー経済人+環境NGO」を開催しました。それ以降も毎 […]