教育

教育

究極のカンニング-細工をしているのは自分の頭

「究極のカンニング法」を伝授したいと思います。よく知っている基礎に記憶を連結していけば、基礎が「想起の呼び水」となって、記憶の倉庫から記憶を呼び戻すこの基礎連結法の「基礎」をテスト会場に持ち込み可能なものにすれば、どうで […]

教育

記憶の中枢は脳の海馬にあるといわれています

人間は、「忘れるという能力」をもっていて、自動的に忘却をするようになっている。ですから、忘れてしまうことについて自分を責めないことです。忘却恐怖に陥ったり忘れる自分を嫌ったり、自信をなくしたりしないようにしましょう。 記 […]

教育

整理されていないものは記憶しにくい

整理されていないものは記憶しにくい、記憶に時間がかかる、あるいは記憶ができないのです。こまかく書かれた参考書を自分で整理するエネルギーはほかのことに使いましょう。基礎結合法を使うなら、「一番が自分の家、二番が隣のたばこ屋 […]

教育

よくまとめられた要点だけを抑える割り切りが大事

予備知識や基礎知識のない人は、できるだけ詳しい内容の厚い参考書を選びがちです。けれど、少なくとも高速学習を願う人なら、その誘惑に負けてはいけません。薄いということは、少ないページ数に、重要な点だけがよくまとめられていると […]

教育

自分でつくる問題集で勉強する

問題の数は、五問から一問が適当だと思います。問題をつくる暇があるなら、市販の問題集をやったほうが効率がよいと考える人がいるかもしれません。しかし、基本的なことはもう押さえたと見切れた場合は、むしろ、自分用の問題をつくった […]

教育

アウトプットの練習を日頃からやっておこう

出力に弱くなる最大の原因は、アウトプットの「練習」を日頃からやっていないことです。練習さえ欠かさなければ、記憶のパイプが太くなり、本番でも日頃の勉強が十二分に発揮されます。多くの人は入力することにばかり懸命になりがちです […]

教育

問題集の選び方やコツ

問題集を選ぶ場合、予備知識がほとんどない人なら、「解説つきの解答集」がついている問題集を選ぶのが得策です、問題を解きながら基礎知識を頭に入れられるからです。解説不足の問題集を解くと、「なぜこういう解答になるの?」という疑 […]

教育

試験本番に強くなるには?

試験は「本番力」が重要です。「本番力」のアップに大事なことは、「習うより慣れろ」ということです。つまり、問題を解きまくれということです。勉強をオーソドックスにとらえれば、まず基本があって、基本の上に応用があります。 自分 […]

教育

本に落書きをしてイメージで記憶する

本を読んでいて、このページは使えるというところがあれば、ページの片すみに、どんなものでもいいですから、落書きする。たとえばある項の記述が気に入ったら、そのページの余白に自分の好きな異性の顔の落書きをしておくのです。そうし […]