政治

政治

非介入主義と例外

非介入の原則に対する例外は、虐殺の危険にさらされている人々を救助するために必要な場合である。もしこのような人々が完全な抹殺から救われないのだとすれば、民族の自律性や権利を尊重するシンボルとしての非介入というのはいったい何 […]

政治

厳密な非介入の原則の例外

厳密な[非介入の]原則の例外は、1967年のイスラエルの攻撃に見られるような、予防的先制介入である。国家の領土的一体性と政治的主権に対する明白にして十分な脅威が存在すれば、国家はただちに行動しなければならないし、そうしな […]

政治

介入について国家中心的道義主義者などの見解は違う

懐疑主義者にとっては道義的判断は意味がないが、リアリスト[現実主義者]やコスモポリタン[世界市民主義者]や国家中心的道義主義者は、それぞれ介入について異なる見解を持っている。 リアリストにとって、国際政治の中核的な価値は […]

政治

相互依存と国際関係

相互依存は、フランスの法的な主権を制約しなかったが、事実上の支配は確実に制約した。フランスはあまりに深く経済的に相互依存していたため、完全に自律的な経済政策は持ちえなかった。同様に、1997年のアジア通貨危機で世界市場に […]

政治

アメリカ本土に対するテロ攻撃の後に

軍事介入を行うのは大国のみではない。たとえば1979年に、タンザニアがウガンダに軍を送り、ヴェトナムもカンボディアに侵攻した。 2001年9月のアメリカ本土に対するテロ攻撃の後に、アメリカはアフガニスタンで現地勢力がタリ […]

政治

国際的無政府性-上位の政府が存在しないこと

国際的無政府性ー上位の政府が存在しないこと一は、もし一定の基本原則が遵守されるならば、必ずしも混乱と同義ではない。主権と非介入こそが、無政府的な世界システムに秩序をもたらす2つの原則なのである。それと同時に、非介入は正義 […]

政治

古典的な安全保障のジレンマ

古典的な安全保障のジレンマは、合理的なアクターの間でも発生する。無政府状態の下で、信頼や合意実現能力が欠如する時、深刻な紛争が引き起こされることがあるのである。だが、カウフマンによれば、多くのエスニック紛争は「一方または […]