保険

保険

生命保険会社で運用した場合

生命保険会社で運用した場合についてですが、生命保険会社で「運用」した場合、固定資産に仕訳されますが、契約者貸付が受けられますし、解約を申し出れば、生命保険会社の本店に解約申込書が到着後4〜5営業日以内に、指定銀行口座に解 […]

保険

資産とは収益を生むもの

資産とは収益を生むものである。会社設立後、相当期間経過しているという中小企業の中には、ここ数年の決算は赤字を余儀なくされているものの、金融資産は数千万円に達しているというケースもみられます。こうした中小企業には、生命保険 […]

保険

90歳超定期保険の短期払いを提示する効果

一部の生命保険会社では、90歳超定期保険の保険料を65歳あるいは70歳で支払ってしまうことが可能。「勇退退職金の準備をしつつ死亡保障を確保する」という、銀行預金よりも幅広い機能が理解できた社長に対しては、90歳超定期保険 […]

保険

平準保険料や自然保険料など

保険料を損金処理したにもかかわらず、解約返戻金が相当額発生するのは経理処理上問題があることから、長期平準定期保険ならびに、遍増定期保険については、別途経理処理に関する規程が設けられました。 契約の前半期間では「平準保険料 […]

保険

98歳定期保険など

保険会社によって、98歳定期保険・95歳定期保険を扱っていますが、90歳超であれば、100歳定期保険に比べても商品性に大きな違いはありません。中小企業オーナーにとっては、「勇退退職金の準備は従来の物ー映と比べものにならな […]

保険

保険プランニングソフトでのシミュレーションなど

各生命保険会社で配付されている保険プランニングソフトでのシミュレーション、あるいは顧客に手渡されている「メリット表」等で確認すると分かるように、「70歳定期保険」の解約返戻率が最も高くなる(全額損金タイプなので実質返戻率 […]