保険

保険

生命保険とドクターマーケット

生命保険とドクターマーケットについて。 生命保険の高額契約者と言えば、中小企業、不動産所有者、ドクター(医師)が挙げられますが、ドクターに対する提案は、一部外資系生命保険会社のライフプランナーの販売比率がかなり高くなって […]

保険

お寺の住職におすすめする場合の保険営業

お寺の住職におすすめする保険営業の提案内容を見ていくことにします。今年、就任された40歳のご住職の例で見てみましょう。勇退想定年齡在70歲(通算在任年数30年)、勇退時最終報酬月額75万円、係数3倍と仮定します。 勇退時 […]

保険

宗教法人への保険営業の提案

宗教法人、在来系仏教寺院への生命保険提案は、どのように行えばいいのでしょうか?生命保険営業において、宗教法人への保険営業の提案は重要です。宗教法人には、公益事業(本来の布教など宗教活動)部分が非課税になるという特典があり […]

保険

在来系仏教寺院への生命保険提案

在来系仏教寺院への生命保険提案は、組織的な提案がほとんどされていない開拓余地の大きなマーケットといえます。今も一部の仏教会では、特定の生命保険会社を指定会社としていますが、加入に対する強制力は、もちろんありません。ですか […]

保険

宗教法人を株式会社に見立てて考えてみる

在来仏教系寺院の概要を見てみましょう。小規模な宗教法人では、住職・裏方(住職夫人)・子息・檀家総代で構成するのが一般的です。そして、責任社員のうちから代表責任社員を選定します。株式会社の社長にあたり、普段は「住職」と呼ば […]

保険

住職の生命保険

宗教法人として、死亡退職金が十分支払われるような死亡退職金規程が整備されていない場合、残された家族の生活が不安です。ご住職も個人で生命保険に加入していますが、その金額は通常一般家庭並みで、特段高額な契約に加入していること […]

保険

寺院などの生命保険の提案

神道系は、天理教や金光教など教派神道13派と呼ばれる比較的規模の大きな教団もありますが、これらは資金運用は教団本部で行うのが基本です。また神道系には、氏神様と呼ばれる地域密着型の神社が多数ありますが、神職(神主)が常駐し […]

保険

宗教法人生命保険にメリットなどはあるのか

高額契約者のターゲットとなる宗教法人生命保険で高額契約者というと、中小企業、医師、不動産所有者が挙げられ、ライフプランナーや保険代理店も積極的に訪問しています。 ところが、同じ高額契約者である宗教法人への提案活動は意外な […]

保険

簡易保険の加入限度額1,000万円は

簡易保険の加入限度額1,000万円は、被保険者単位で通算されるため、個人で養老保険に加入している従業員がいる場合には、当該従業員は個人契約あるいは1/2TAX養老のいずれかを解約し1,000万円以内にする必要があります。 […]

保険

生命保険ハーフタックスについて

1/2TAX養老保険には、役員の加入が認められています。制度導入あるいは改定の際には、役員の加入についても規定しておくとよいでしょう。他の制度と異なり、保険料の2分の1を損金算入しながら役員退職金の準備もできます。 1/ […]