ファッション

ファッション

毛皮を着るくらいなら裸の方がましと書かれた横断幕

毛皮に断固反対していたはずの人々も、ファッションのために気が変わったらしい。いち早く心変わりしたのは、スーパーモデルのナオミ・キャンベルである。一九九四年一月、彼女は他のモデル四人とともに、フランス語で「毛皮を着るくらい […]

ファッション

毛皮反対ムードが大勢を占めていた頃

一九九〇年代に毛皮反対ムードが大勢を占めており、売上も一九九一年に一億ドルを割って底を打った。しかし、売上の低迷する一九九年代のさなかにも、毛皮が完全に姿を消すことはなかった。FICAによれば、現在、アメリカ人女性の五人 […]

ファッション

毛皮のコートが欲しいと思わない人もいる

一般の消費者の中に、依然として毛皮を欲しがらない人々もいる。「正直言って、周囲でフアーを身につけてる人なんかいないし、これからファーの付いた服を買いそうな人も思い当たらないわ」。コネチカット州スタンフォードで会計士をして […]

ファッション

毛皮業界の状況を総括するのが難しい

ラルフ・ローレンのコヨーテの帽子。オスカー・デ・ラ・レンタのフォックスのショート・ジャケット。フェンディのシアード・ミンク・コート。一九九九年には、『ヴォーグ』イギリス版のアレクサンドラ・シュルマンが、「ファッション報道 […]

ファッション

毛皮を使ったデザイナーは大勢いたが

ダラスとサン・アントニオにあるモリス・ケイ&サンズ・ファーズ社は一五%増、ニュージャージー州フレミントンのフレミントン・ファー社は二五%増。かなり前から、ジャーナリストたちが毛皮の復活を吹聴し始めていた。 それ […]

ファッション

フォックス・カラーを斜めに巻きつけて

わずか数分のうちに、そのシーズンの最新トレンドは、ほぼ疑いようもなくなっていた。このショーから数カ月にわたって、多くのファッション誌が、今シーズンの注目トレンドは「ティペット」とも呼ばれるファー・カラーだと触れ回った。 […]

ファッション

エコテロリズムの活動家

繁殖情報札が外されてしまったため、残ったミンクについても血統を証明するすべがなくなってしまった。つまり、血統がよくても高値で売れないわけである。血統書がないからには、残りのミンクから今後生まれてくる子どもの価値も下がって […]