コミュニケーション

コミュニケーション

さりげない優しさあふれるエピソード

ある人がこんな話をしてくれました。「街角で見た話」ということでした。大都市の郊外の駅前です。若い人から年輩者まで、寒い夜だったので、みんなあついラーメンを一生懸命すすっていました。ラーメン屋さんに、立ち喰いの人たちがいっ […]

コミュニケーション

聞き手の効果と段階

一般的には、聴き手とはどんな本質と特質をもっているかを考えなければなりません。話すとき、気をつけなければならない、代表的なポイントをいくつかあげておきます。 男性よりも女性のほうが、話の場ではよほど注意しないと特定の人だ […]

コミュニケーション

見えないものが見えるなんておかしいじゃありませんか

「見えないものが見えるなんて、おかしいじゃありませんか」というむきがあります。その人は、見えるというのは物理的に光の刺激を感じとめることだ、と考えているからでしょう。ある意味ではそうです。しかし、人間は心眼でものが見える […]

コミュニケーション

失敗をマイナス思考しないでどちらに転んでもプラスになると考える

「作用あれば反作用あり」は、物理的な力の法則ですが、人間の精神面での関係と考えてみてもよさそうです。これらは、その人にとって最も悲劇的な事件と見られがちです。 深刻だからこそ、我と我が身を深く考え、限りある人生を真面目に […]

コミュニケーション

明るい話し方は他人から歓迎される

「笑わない学生は真面目すぎて、いつも緊張し続けています。それが肉体と精神両面の衛生によくないことをリストが表しています。だから、私は笑いなさい、ユーモアを身につけなさいといっています」という話である。 大学で哲学を教えて […]

コミュニケーション

未来はぜったいに予測できない

従来の科学の用語でいう、わかるということの具体例は、現在、過去がわかると、未来が予測できるということです。しかし、過去と現在がわかっても、未来はぜったい予測できない現象があることは、むかしから知られていたことです。 強く […]

コミュニケーション

どんなに話す内容がよくても感じが悪かったら全然聴いてもらえない

感じのよい表現はいろいろありますが、ここでは、リズムをくずさないように話す、ということを取りあげておきましょう。ことば癖があって、同じことばを頻発する人がいます。妙に尻あがりの話し方をする人もいます。人の耳はアクセント、 […]

コミュニケーション

感じがいい話し方を心がける

先日、背中にできものが見つかって、皮膚科の医院にとびこみました、と語るある人。「四、五日前に気づきまして」と診てもらったトタンに、このS院長は「これは、簡単な病気じゃありませんよ」といわれました。「はあ」といいましたら、 […]

コミュニケーション

一言の感謝の言葉が人を感動させる

東京都の消防学校で「司令長」の研修に行ったとき、Aさんが話してくれました。「火事場で人を救い出すために、猛火の中にとびこむのは、一歩誤ると毒ガスで自分の命を落すことがあるくらい危険なことはわかっているのです。しかし、たっ […]

コミュニケーション

自分の立場や役割を心得ていて出るところ引くべきところがわかっている

彼女は会話の間のとり方が実にうまく、話していてとても楽しい。レストランで食事をするときなどでも、両親や夫の好みを聴いて、それでいて自分の好みもはっきりという。何ごとも周りの人を立てながら、妙な遠慮はしないが、一つもいやみ […]