「 コミュニケーション 」 一覧

人の話の腰を折る人は嫌われる-意味なく止めないほうがいい

人の話の腰を折る人は嫌われることがあります。 ある人のお話です。ある人たちは楽しそうにお話をしています。五名のなかには、未婚の人が三名いました。自己中心的タイプのYさんという人がいます。このYさんは

続きを見る

感動する話、泣ける話し方をしたけど・・聞いてもらえるかどうか

感動する話、泣ける話をしたけど・・聞いてもらえないことってありますよね。 聴き手の心にふれる話題を探し出しましょう。長野県のS高女は、その地方の名門といわれていました。ある年の同期生が、この学校を卒

続きを見る

人を感動させる話はできるのか

人を感動させる話はできるのか。人の話に素直に感動し、人の不幸に涙を流す人だと、その心は同じですから、人の涙をさそう話ができるはずです。湯ききった冷淡な心からは、うるおいのある話になりようがありません。

続きを見る

話の間の取り方に気を付ける

話の間の取り方に気を付けるようにしましょう。話というのは、声に出して語ることばと、話さない沈黙の部分とが一対で成り立っている。話の間の取り方は、言葉が使われている状態によって変わってくるものです。

続きを見る

話し方が耳障りな人

話し方が耳障りな人がけっこういるようだ。 現代が求めている新しい話し方は、大ぜいを対象にしたスピーチを含めて、一方的に叫ぶ独演型のものではありません。対話調が基本です。ですから、間の取り方が話を生か

続きを見る

しゃべりすぎてしまう人は味が薄くなってしまう

話というのは、しゃべりすぎるほど味が薄くなり、誤解の危険性も増してくるものです。危険なのは、だまっていればことを起こさないですむものを、いらないことまでしゃべりすぎるから、「キジもなかずば撃たれまい」

続きを見る

話を聞いてもらいたいが冗長になりすぎる

話を聞いてもらいたいが冗長になりすぎるということがよくあります。 長く聴かせ続けるためには、それ相応のエ夫や努力を要します。内容的に冗長になる話というのは、繰り返しが多すぎるということが一つあります。

続きを見る

自我防衛機制と合理化

人はどうも自分に甘いようです。それでいて、つまらぬいいわけだけは小利口に用意しています。そんないいわけを捨てて、自らの退路をたち切れば、いやおく弱い自分と闘わざるを得なくなるものです。 燃えつきれば

続きを見る

やさしさとは何か?

やさしさとはいったい何でしょうか?やさしさというのは、その文字の示すとおり、人を憂える心のことです。やさしいことば、やさしい笑顔、やさしい行為、そしてやさしい話し方、すべて甘美なことばです。ですから、

続きを見る

好意を持たれるためには努力が必要

幼いころ、村の古老から「お月さんはね、その人の心の大きさと同じ大きさに見えるのだよ」といわれたことがあります。当時はその意味がピンときませんでしたが、今でも鮮烈な印象として心に残っています。 月の大

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小便器に氷が詰められているのは何故?

居酒屋やホテルなどの男子トイレで小便用の便器に氷がギッシリ入っ

理容院は明治維新の頃に横浜で生まれた
スケベの語源-江戸の町人、助平さんに由来

世の中には一瞬の出来ごころがもとで、一生どころか、辞書にまでそ

明治時代の1円の価値は
昔の日本語で面白いと思うオシャレでトンチのきいた言葉

昔の日本語で面白いと思うオシャレでトンチのきいた言葉がある。歴

鳩はなぜ平和の象徴とされているのか?
鳩はなぜ平和の象徴とされているのか?

鳩はなぜ平和の象徴とされているのかご存知だろうか? &n

野球のバッティングと似ていて
プロ野球でグローブで口元を隠して会話する理由や起源

プロ野球でグローブで口元を隠して会話する理由や起源をご存知だろ

女性専用車両は2001年3月に京王線に登場
バイクについている三角のマークの意味って何?

バイクの後ろに貼られている三角のマークって何かご存知だろうか。

男女のマーク-性別記号の正しい由来
男女のマーク-性別記号の正しい由来

今ではすっかりお馴染みとなった♂と♀の男女のマーク(性別記号)

no image
FXで勝てない人におすすめの教材や副業の内容が凄い

FXを独学で勉強されている方は多いかと思いますが、独学でFXを勉強して

no image
勝てないトレーダーだった私のFXの収益を10倍にした情報商材が凄い

FXでは、何人もの人たちが、毎日負けトレードを繰り返しています。 あ

no image
タバコの悪影響は肺がんや動脈硬化のリスクだけではない

タバコが人の体にとって有害であることは、多くの方が知っていると思います

→もっと見る

PAGE TOP ↑