アウトドア

アウトドア

寒冷血管拡張反応と低体温症

寒冷血管拡張反応と低体温症。 組織が凍結すると、知覚神経繊維も凍結寸前で、感覚を伝達する能力がなくなる。だから、知覚麻痺が起こる。人間の場合、手当てや凍結を解除することによって次第に組織は融解する。完全に元に戻ることもあ […]

アウトドア

登山家の凍傷の危険

登山家の凍傷の危険。 山には森の木陰が多い。また高度が上がれば比較的、涼しくなるために熱中症になることはあまりない。逆に防寒の準備が不十分のまま寒さにさらされると、顔面や手足などの体の末端部が低温となる。これは、おそらく […]

アウトドア

登山で足の疲労以外に気にしておきたい症状

登山で足の疲労以外に気にしておきたい症状。雨が降っていたら、雨が当たらないところまでは、何としても進まなくてはならない。雨具を出して、体の芯まで濡れることを防ぎ、休みながら、少しずつ歩くしかないのである。 岩陰でもハイマ […]

アウトドア

山のぼりで目印のイタズラによる遭難

芦屋市や神戸市の「高座の滝」や「荒地山」(標高五四九m)、「ロックガーデン」などは、都会の近くでありながら本格的な山の雰囲気が味わえることから、山歩きコースとして人気が高い。しかし、四月だけでも二人から「助けて」と携帯電 […]

アウトドア

野うさぎは直径五mくらいの円を描いて走る

猟犬にビーグルという品種がある。この犬種はウサギ狩り用である。比較的小形で走るのが遅い。そして「ワンワン」と映えながらウサギを追うという習性を持っている。ビーグルを放すと、嗅覚を使ってたちまちウサギを探知する。すると、途 […]

アウトドア

猟師に追われたノウサギは策略をめぐらせた

猟師に追われたノウサギは策略をめぐらせた。自分の足跡をごまかし始めたのである。ノウサギは向きを変えて、自分の足跡の上を戻ったのだ。一歩一歩、足を合わせて、正確に進んでいったので、すぐには二重の足跡は見分けがつかない。ノウ […]

アウトドア

ノウサギ観察-せっかく見つけたが走り去ってしまった

せっかく見つけたノウサギが走り去ってしまったからといって、慌てることは狙ない。そこからは体力勝負である。ゆっくりと着実に出来たてホヤホヤの足跡を追っていけば、ときどき彼らの姿を見つけることができる。 ノウサギは見通しのき […]

アウトドア

山で見かける野うさぎたち

ノウサギは、幹の直径が五くらいの若いキリやカキの木の樹皮、サクラの冬芽などが好物である。 顔を斜めにして懸命に認り、ときおり食事を中断して辺りを警戒し、長い耳をビンと立てて見回したに違いない。さらに足跡を追っていくと、真 […]

アウトドア

ノウサギの足跡がどちらに進んだのかを推定する

ノウサギの足跡がどちらに進んだのかを推定するときには、彼らの走り方を想像するとよい。ノウサギの走り方を分解してみよう。ノウサギが潜んだとおぼしき敷に行って、その姿を探してみても見つからないとき、彼らはそうやって移動し、逃 […]