雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

病気になった!どうしよう!あなたならどうする?こんなとき

投稿日:2015年1月18日 更新日:

病院へ行く前に何を考え、どう医者を選ぶかについて述べるとともに、現在の医療の問題について考えていきたいと思います。

~さあ、病気になった!どうしよう!あなたならどうする?こんなとき~

いろいろなケースが考えられますが、代表的な例を二つほどあげてみましょう。病気になったと仮定しましょう。

ケース1

夕食後にあなたはふと考える。

今日の夕食、何となく食欲が進まなかったなかったな。最近波れがたまっているのかなあ?それとも、胃がもたれる感じがするのは、脂っこいものを食べたからかな?まあ、今晩は早く寝てしまおうと早めに床に入る。深夜、突如キリキリと胃のあたりがさしこむように痛くなってきた。誰か医者を呼んでくれー!という感じ。痛みはだんだんひどくなってくるようだ。ついに体をよじらせ激しい痛みに襲われる。

ケース2

熱を計ってみたら、三九・五度もあった。三九・五度という熱を体温計で確認すると、余計に体がつらく感じる。
起きようと思い、立ち上がろうとするがフラフラしてうまく立てない。二、三日前から、喉が痛く、何となく風邪気味だと思っていた。しかし今朝、目が覚めると急に寒気がして全身がとてもだるい。これは、いかん。ただごとではないと一人っぷやき、とにかく医者に行かねばと思う。さてどこへ行こうか?

重い病気の始まりかもしれないという観点

重い病気の始まりかもしれないという観点に立てば、たとえばケース1が肺炎で、ケース1は重症の胃潰瘍ということもあり得ます。最もありふれた病気で軽い病気を想定するならば、ケース2はやはり風邪つまり感冒で、ケース1は単なる急性胃炎でしょう。いずれにしても、病気になるのは嫌なことですし、病気になれば不安もつきものです。
この二つのケースは実際にありそうですね。

このケース2が普通の風邪すなわち感冒で、ケース1がただの食べ過ぎであった場合は、総合病院に行くことは無駄になります。あなたならどうしますか?よく考えて選択する必要があります。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

インフルエンザの耐性ウイルスなどについて

インフルエンザ感染症のコントロールのために、最も有効な手段はワクチンであることはいうまでもありません。国内で使われている治療薬は、ウイルスの表面にある分子を標的にしています。 現在流行しているインフル …

no image

日本初の脳死移植と脳死法案

日本初の脳死移植をやりたかったとしか思えない、少なくとも本気で患者さんを救えるかどうかはかなり怪しい、と語るある専門家。 日本初の脳死移植は、結果がよかったのなら、むしろ、それを認めていくというのが医 …

no image

土日も診療をしている病院の真の目的とは?

病院の中には土曜日も日曜日も診療をしている病院があります。患者にとっては便利ともいえますが、こういう病院が、いい病院と単純にいえるかというとそうでもないかもしれないのです。病院の診療日は、ほほどこでも …

no image

咽頭がんの原因や手術 術後声は出せるの?

肺がん以上にタバコが深く関係しているがんにのどのがんがあることは、意外と知られていない。進行がんや再発がんでは、のど仏の骨に囲まれた喉頭を切除しなければならない。 タバコが肺がんの原因となることはよく …

no image

病院選び-いい医者と悪い医者の分かりやすい見分け方

病気の種類と程度によって、治療方法は二つに大別される。もちろん、痛くて我慢できないなら手術を受けた方がよいが、痛くないのに手術をすすめられた場合は、要注意だ。できれば、別の大きな病院に行つて、そこの医 …