雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

病気で死ぬ確率は低いはずだが

投稿日:

うちの会社には『がん』と診断された時点で、2000万円までの一時金が出る保険がある。万が一の場合だけじゃない、生きている間に、前向きに生きるために使える、若い人にもびったりの保険だ。きちんと勧めろ!20代向けのパンフレットをちゃんと見ているか?20代でも死因の第3位は『がん』だぞ。会社の上層部は、当然ながら「極論」を振りかざして、営業担当者にハッパをかけます。

このデータを初めて見た時に感じたことは、「『20代の諸君、君たちは、病気ではまず死なない』と教えているようなものだ」ということでした。ほとんど笑ってしまいましたが、保険会社の管理職の人間は、見解が異なるのでしょうか?

「これほどの不幸が、あなたには絶対起こらないとは誰にも言えないはずです!」と力説する営業担当者は、確かに嘘を言っているわけではありません。が、「あくまで『例外』と考えられる程度の確率なのでは?」という疑問が、抜け落ちているのです。「極論」に共通しているのは、保険が必要とされる場面を語るだけ語って、「その場面が訪れる可能性、確率は示さない」という点。

それがすべての20代に当てはまるのか?

「それがすべての20代に当てはまるのか?」という素朴な疑問はまったく無視されています。1位は「自殺」、2位は「事故」で、3位が「がん」なのです。死因の第3位が「がん」であるというのは事実なのですが、何といっても20代です。

そもそも真にお客様のお役に立てる商品があるのなら、それを案内するのに「極論」など不要です。これに勝るセールス・トークはないはずです。それをやらないということであれば、「何か困ることでもあるのか?保険会社が、今まで取り扱ってきた契約の数に対して、実際に保険金を支払った件数を公表するのがフェアなやり方なはずです。20代の死亡率、「がん」による死亡率は教えないくせに、死因の第3位が「がん」であるといったデータだけ提示するやり方など、あざといだけです。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

生命保険の事業主体して民間や国の会社

と生命保険の事業主体しては、民間生命保険会社のほかに国の行う簡易保険と農協や生協の行う生命共済があります。全国民を対象とし、全国的な郵便局のネットを拠点として展開されている営業活動も強力で、平成六年三 …

no image

ネットで生命保険のこれから-昔は嫌われた自己申し込み

現代人はネットに頼りがちで、ネットで知ることが最上と思い込む傾向を持っている。ネットに無ければ、正しいものじゃないという風潮さえある。しかし世の中、うまい話には必ず落とし穴がある、という象徴的な保険が …

no image

生命保険の歴史-元来の姿はモノの保障だった

保険の元来の姿は、モノの保障で、もともとは船積み荷物が略奪されたときのためでした。 船で出かけるしかなかった時代の海外貿易の荷。無事に帰って来られるという保証はない。一か八かの賭けです。これに目をつけ …

no image

なぜ共済は他の民間保険と比べて掛け金が安いのか?

日本の生保業界も影響を受け、2008年(平成20年)10月には大和生命が早々と破たんした。そしてアメリカの象徴だったGM(ゼネラル・モーターズ)を含め、3大自動車会社(ビッグ3)も今は死に体だ。経済状 …

no image

団体信用保険とは?その仕組みや内容を紹介

~団体信用保険~ 団体信用保険は、被保険者が一定期間内に亡くなった場合に支払われる保険金額が、年月の経過とともに減少する仕組みの定期保険です。この特殊な形の保険は、ローンなど長期にわたって分割返済して …