雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

病気の症状の診断の際にどううまく伝えるか?

投稿日:2015年1月30日 更新日:

ここでは、要領よく簡潔にあなたの言いたいことを伝えるポイントを述べましょう。とにかく病院や医院を受診し、あなたが医者の前に座ったならば、どういう目的で医療機関を訪れたのかについては話さなければなりません。日常会話がいかに話し上手であっても、医者の前に来ると話の要を得ない人はたくさんいらっしゃいます。一般に話し上手であるとか、無口な方であるとかは、この際関係がありません。

まず医者が何を聞いてくるかについて知ることです。心療内科ではもう少し家族構成などが詳しくわかるようなものを使っていますが、おおむね一般的な内科外来ではこの種のものが使用されています。あらかじめ医者が聞く順番を知っておけば、要領よく話すことができます。医者の問診(予診ともいいます)。専門用語でアナムネーゼといいますので、和製ドイツ語でアナムネをとるなどと呼んでいます。

主訴とは

医者が診断を下すために、記載したい重要なことは、素人の診断名ではなく、あくまでも自覚症状なのです。二〇個も三〇個も言ってみたところで、医者はカルテに書いてはくれません。普通二〜三個ぐらいで、五つぐらいまではとりあげられます。そこで自分の最も気になる症状にランクをつけてベスト5を決めておく必要があります。たとえば、頭が痛い、フワーッとしためまいがある、眠れない、食欲がないなどのようにです。その際、風邪、胃炎などのように自分で下した診断を言わないようにすることが重要です。主訴というのは読んで字のごとく主な訴え、即ち、あなたが病院を訪れるに至った動機となった自覚症状のことです。

かかりつけ医について

あと、かかりつけ医についてですが、二人主治医という考え方を広めるべきであろうと思います。かかりつけ医とかホームドクターを持ちましょうというキャッチフレーズの方がわかりやすいのかなあとも思います。単に二人主治医といいますと、一人はかかりつけ医でなければならないのに、消化器の専門医と循環器の専門医の一人というふうに勘違いする人がでてきそうです。

・かかりつけ医→専門医という流れが大切。
・専門医は専門バカという言葉があるくらいで、注意が必要。
・自分の病気に対して、専門医が必要かどうかを見極めよう。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医学部が地域枠を増やした背景

入学試験というのは、とくに日本の場合、平等な制度である。試験の点数によって合否を決めて、情実が入らない。すると学力の高い県では合格者が多数出るし、低い県では少なくなってしまう。学力が高い都道府県という …

no image

私が精神科を選んだ理由

私が精神科を選んだのは、同じように学校に出なかった連中ほど厚かましいわけではなく、情報がなかったからだ、とある人は語る。彼らは、学校に出なかったが、どこからか情報を集め、自分がどの世界でなら成功できる …

no image

喉頭がんは手術や治療で治る?原因や生存率は?検査で発見できる?

喉頭がんは、「のどぼとけ」にできたがんのことです。のどぼとけのことを「喉頭」と呼ぶので、喉頭がんとなります。 喉頭がんは、女性よりも男性に多く発症するがんで、50歳を過ぎたあたりから発症数が増える傾向 …

no image

拒食症と過食症とは?特徴や症状

拒食症とは、自分は太っていると悩み、ご飯を食べることを避けるようになる病気で、過食症は、拒食症とは逆に、異常なまでにご飯やお菓子などを食べてしまう病気である。 拒食症、過食症ともに摂食障害であり、過食 …

no image

医者の優しい言葉-良い悪いを判断する判断例集

良い医者は、薬の量に精通しているので、何グラムだったかな?とは言わない。しかし悪い医者は、薬の分量をキチンと覚えていないので、薬剤師や看護婦に聞いたりする。同じ種類の薬でも、ー錠中に含まれている分量が …