雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

病院の選び方-あなたはどういった観点で選択していますか?

投稿日:2015年1月20日 更新日:

医者に行こう!と思った時、あなたはどのように病院を選ぶでしょうか?さまざまな選択基準が考えられますが、あなたの病気の重症度と病院の規模という観点からではどうでしょうか。規模から言えば、

・診療所(いわゆる町医者)
・個人病院
・総合病院
・大学病院

など、選択肢はいろいろあるわけですが、どのような基準で選んでいるのでしょうか。

どのような基準で選んでいますか?

・診療所(町医者)

家族中とっても信頼しているのだけれども、最近、先生が年をとりすぎているような気がする。年齢以外に、先生に不満はないけど、設備に不安が残るなあ?待ち時間が少ないのが魅力。会社帰りの夜も診てくれるのがうれしい。
いつでも親切で、近所のばあちゃんの嫁のグチまで聞いてくれるらしい。子供の時からの顔見知りだから、安心感がある。

・個人病院

親切そうだから、行ってみるか?薬が多いから、外車が買えるのかなあ?近所の評判はすこぶるよい。看板にだって、内科、消化器科、循環器科、外科、整形外科、放射線科、リハビリ科と七つも書いてある。院長は超高級外車に乗っている。でも常勤医は三人らしいな?お年寄りには絶大な人気があるようだ。

・総合病院

待ち時間も大学ほど長くはないだろう。教授ってのはいないけど、部長ってのはよさそうな感じ。(一体、部長ってのはどのくらい偉いのかなあ?大学の教授ぐらい停いのかなあ?助教授ぐらいかな?)近所の評判はまあまあだし、一応いろいろな診療科もあるようだ。

・大学病院

この権威的な言葉の響き。同じ風邪にかかっても、大学病院で診てもらう風邪だと、町医者で治療する風邪より、高尚な感じがしてくるから不思議だ。待ち時間が長い。一日仕事になっちゃうなあ。若い研修医にあたると、ちょっと不安。教材にされるの嫌だな。教授や助教授っていうとても偉い先生がいて、診たてがいい感じがする。第一規模がでかいから、いろいろな専門家がいて、設備も整っている。

大学病院で三時間待つ意義は見当たりません。かかりつけのお医者さんに行くことがベストの選択でしょう。患者さんの病気の重症度や専門性より、外見的なイメージや不安感など感情的なことで医療機関を決めてしまっていませんか?もし、このような基準で医療機関を選んでいるとしたら、おそらくあなたにとって最善の治療は受けられないばかりか、たいへん損をすることもあるのです。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

微笑みうつ病とは?特徴や症状

微笑みうつ病は、うつ病だが、人といるときはいつも笑顔でいれるタイプのうつ病。うつ病なのに楽しそうにしているので、周りには苦しみが伝わりにくい。 また、人といるときに笑顔になれるため、自分がうつ病だと気 …

no image

アンジェルマン症候群とは?治療方法は?支援は?大人もなるの?

アンジェルマン症候群は、てんかんやかなりぎこちない動きなどをしたり、どんなことでも凄く笑うなどの兆候を示す、重いレベルの知的障害です。 赤ちゃんの15000人に1人の割合で、アンジェルマン症候群を持っ …

no image

スクリーニング検査とは?どこまで分かるようになるのか?

スクリーニング検査とは、初診のときや経過中に検血血査をして、大雑把に異常をチェックるためのものです。一回の検尿と採決をするだけで、ずいぶんさまざまな機能異常や病気のことがチェックできます。 検査技術が …

no image

健康診断システムに疑問を持つ専門家の意見

現在の健康診断のシステムを否定したり、健康診断の問題点をいくつか指摘している専門家が多くいるようです。本来健康な人が、健康な職場で、健康に働いているのですから、当然と言えば当然のことですし、たいへん結 …

no image

今の若い医者は診察を軽んじている!?

診察のときに使う器具類は、聴診器や血圧計といった機械としては単純なつくりのものでも、過去から現在にわたり重要性は変わっていません。それでは、何が変わったのでしょう。 最近では結核が減り、胸水がたまって …