雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

病院で働く職種や人は様々

投稿日:2015年2月14日 更新日:

病院の関係者が心身医学療法の一つである交流分析(対人関係に重きを置いた心理療法の一つ)を学ぶことも、確かにいい方法でしょう。しかし、今の医療機関の現状を考慮すると、今日はハンバーガーはよろしかったでしょうか?ポテトはいかがですか?式の直接的かつ具体的なセリフの教育がすぐにでも必要な気がします。

正直なところ、病院で働いているからといって、特に慈悲深い人が集まっているわけではありません。人あたりのいい人、悪い人感情的な人、気分屋の人などなど。病院の中にいる人たちも、一般社会で見られる個性豊かな人たちと違いはありません。かえって病院という閉鎖空間に住んでいる分だけ、一般の人たちよりも社会性に乏しい人がいるのかもしれません。

病院には受付、医療事務、看護婦、医師(医者)、薬剤師、臨床検査技師、放射線技師、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、栄養士、ケースワーカー、心理士などさまざまな職種の人が働いています。

病院を受診しようとする人たちは

病院を受診しようとする人たちはその辺のところをまず念頭に入れておいたほうがよいでしょう。一般に、公的病院の受付はお役所的で感じが悪く、宗教団体の経営する病院や医療機関は感じがいいと言われます。それは接遇マニュアルの有無が影響しているように思います。

質のよい患者サービスを提供するには、医療従事者向きの接遇マニュアルが必要ではないかという意見もあります。つまり、いつまで待たせるんだ。この病院は?と怒っている患者さんに対し、みんな待っているのだから仕方ないでしょ!などと答えないために適切な答え方を教えてくれるマニュアルです。

各々の職種が病院の中でどんな役割を担っているかについてはここで述べませんが、いずれの職種も程度の違いはあれ、患者さんと接することになります。その接し方には、特に統一されたマニュアルがないものですから、各人の個性や性格がもろに出ることになります。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医者の付け届けの相場を知らない人へイタズラをした話

U氏は広告代理店に勤める41歳。明るくて茶目っ気たっぷりのキャラクターだが、仕事のムリがたたって、十二指腸潰瘍を患ってしまった。やむなく自宅近くの市中病院に入院し、手術を受けた。病気のことや仕事のこと …

no image

出産で超安産型な女性のお話

まったくひどい目にあったわよ!K子さんが、次女の出産の話をするときは、思わず慣概しないではいられない。出産にも、特異体質というものがはたしてあるのだろうか?もともと彼女は超安産型。長女のときは、10分 …

no image

医師がお礼の商品券を断固として拒否した本当の理由

今日退院するNさんが、医局に挨拶に来た。皆さんでどうぞと、看護婦たちに菓子折りを渡し、担当医のWにも礼を言って、封筒を渡している。ところが彼はこれを断固として受け取らない。どこの職場でも同じで、正直な …

no image

医学部大学の学生は医者になる過程で二度の強烈なショックを受ける

医学部の学生は、医者になる過程で、二度の強烈なショックを受ける。医学部に入ったときと、医者になり入局したときである。その二度のショックによって、ほとんどの医者は、自分が持っていた幻想の医者の世界がうち …

no image

ベンチレーターとは人工呼吸器のことを指す-用語集

医者しか知らない、医者の間だけで通じる用語がいくつもある。ここではそんな、医師の間で使われている用語をいくつか紹介していこう。一般の人が日常生活で使うことはないと思うが、病院へ行ったときに、医師の会話 …