雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

病院の訴訟のリスク

投稿日:2015年10月7日 更新日:

多くのケースで、医療ミスがあった云々以上に、医者の態度が、あるいは説明不足が、患者さんを硬化させるという。逆にそれがうまくいっていれば、少々の(もちろん、一生懸命やったうえでの話だが)ミスがあっても、訴訟沙汰にまではならないのが通例とのこと。

過誤がないのに賠償金が支払われたケースも結構あったのだが、考えないといけないのは、ミスがあったのに訴えられないケースが、アメリカのような訴訟社会でも大部分であることと、ミスがないのに訴えるケースが相当数あることである。これは、大きな問題である。

ニューヨークにある五一の病院から無作為に選んだ三万一四二九例の診療録を調べ、研究グループの医師たちがなったのは八例だった。ところが訴訟になったのは五一例で(つまり、四三例は過誤がなかったのに医療訴訟になったことになる)、実はミスがない訴訟のほうがはるかに多かった。

今後は、日本もどんどん訴訟社会になっていくだろう。一方では、厚生労働省のごり押しで事故調が具体化すれば、医師は、どんな形であれ、患者さんが死ぬような医療を避ける方向に向かうはずだ。そうでなければいけないのである。

どんなに医療崩壊が進んでも

有名な訴訟事件では、医者の態度が悪すぎたり、訴える側を責めたり、まったく聞く耳を持たなかったり、ほとんどまともに説明しないということを、少なくとも患者さんサイドから取材の際に聞いているそうだ。これは、きわめて大事な話である。

どんなに医療崩壊が進んでも、厚生労働省としては大事な天下り先なので、無理にでも事故調をつくるだろう。自民党も賛成していることだし、自民党が事故調に賛成しているようなら、次の選挙では民主党に入れるのが、医者の生き延びる道かもしれない。これは、もちろん建設的な話ではない。ただ、事故調ができなくてすんでも、民事訴訟は(あるいは刑事訴訟も)覚悟しないといけない。

死ぬ可能性がある患者さんの手術などを引き受けない形。あるいは、事故調に言い逃れができるように、なるべく標準的とっておくことなどが必要になるだろう。運悪く患者さんが急変したら、人工呼吸器でも何でも使って、可能な限り延命をして、手術にまつわる死でないことにするということにでもなるのだろうか?

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医療ミスの事例は多いが隠蔽しようとするものもいる

医者は、警察官や自衛官、教員などと同じで、いったん反社会的な行為をしたら、その人の信用は一気にゼロになってしまいます。とくに医療は、どこからどこまでがミスで、どこからが避けられなかった不可抗力なのか、 …

no image

病院へ行く理由がないのに何度もくる老人が多いらしい

昔から4コマ漫画では、病院の待合室にいるお年寄りが数人集まって、今日、〇〇さん来てないけど、病気にでもなったのかねぇと話している風景がありました。行くところがないから病院行ってくる。これって、現実にあ …

no image

医者の言葉遣いの善し悪しの判断する基準や見極め方

本来は体の具合が悪いのですか?という意味だが、体の具合が悪いから病院へ来たのにきまっているから、実際には初めましてこんにちはという挨拶代わりに使っている医者が多い。「どうしましたか?」。医者が最もよく …

no image

ペットロス症候群とは?症状やなりやすい人は?

ペットロス症候群は、その名前の通り、飼っているペットが死んでしまったときに、そのショックに耐えられず、精神疾患の症状が出てしまうことである。 ペットロス症候群のおそれがあるのは、ペットが亡くなってしま …

no image

医者は手術の時に雑談を話すというのは本当?

斬刀医はキャリア7年くらいの先輩、アシスタント役は新人の後輩、この二人が手術担当医師でした。患者さんの麻酔が効いて、メスを握るとすぐにしゃべり始めました。学生実習で、ある病院の作科の手術を見学したとき …