保険

病院に生命保険を売り込む場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病院に生命保険を売り込む場合について、色々と紹介していていきます。

病院のドクターは、診療科目ごとにも特徴があります。病院に生命保険を売り込む場合、病院のドクターの現状と将来を見据えた、相続対策や一人医師医療法人の事業承継対策が重要です。

・一般病院に病院に生命保険を売り込む場合

病院の法人化も進んでおり、医療法人の事業承継、理事長の勇退退職金準備などが提案の切り目となっています。繁栄の時代が終わり、構造不況的な時代を迎えています。医師過剰や財政上の限界(老人医療比率の高い病院の収益悪化)、銀行・メーカーの態度硬化(優遇しなくなった)など抱える課題も多くあります。

・眼科に生命保険を売り込む場合

地方都市ではコンタクトレンズの処方・販売を行っている例が多く、医業外収益が大きく(儲かる)なります。病院は有床でも手術は簡易なものが中心。大半は小規模な経営が多いと言えます。患者は花粉症の関係で2月頃から増加し、5月の学校検眼による治療が始まる6~8月がピークです。

産婦人科などに生命保険を売り込む場合

・産婦人科に生命保険を売り込む場合

保険診療比率は20%程度という統計もあり、収入の全体像は把握しにくいのが現状です。出生率の低下や地域の人口構成の変化により、病院経営の苦しいところが増加しています。

・外科・整形外科に生命保険を売り込む場合

事故・業務上の事故による医療費の支払いは自動車保険・労災保険によって支払われるため自由診療比率も高くなります。診療科目から来る特性か、病院のドクターの各種決断が早く、生保契約の成約率が最も高いと言われています。技術中心のため薬価基準引き下げの影響は他科目に比べて小さいと言われます。入院の割合が高く、手術処置等も多いため、施設あたりの診療収入も多くなります。

・内科・小児科に生命保険を売り込む場合

診療所(ベッド数19床以下を指し、一般には医院、クリニック名称が多い)のうちこの2科の占める割合が60%強と一番多く、小規模な個人経営も多いと言えます。耳鼻咽喉科とともに、生命保険契約に至る時間が長期にわたってしまう傾向があります。病院での投薬・注射の割合が大きく、相次ぐ薬価基準引き下げの影響が大きくなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加