雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

病院の待合室に響いた子供の恐ろしい一言

投稿日:2015年4月7日 更新日:

大学病院の内科医局に勤めるAさんには、4歳になる長男コウちゃんがいる。小さな子どもを連れて病院にいくのは、どこへ行くよりも、気疲れするものである。あと3カ月で、妻のK子さんは2人目を出産する予定だ。Aさんが当直明けのある日の午後、以前から家族と約束していた子どもミュージカルに行くため、病院で落ち合うことになった。少し早く着いたK子さんとコウちゃんは、Aさんの仕事が終わるまでロビーで待つことにした。コウちゃんにとっては生まれて初めて見学する、お父さんの勤め先である。

ところが3時半頃になって、Aさんがロビーに行ってみると、そこには妻と息子の姿が見えない。K子さんがダメよと注意するのも聞かずに、ロビーのソファーとソファーの間を走り回っていた。一体どこ行っちゃったんだろうとさんざん探して、ようやく産婦人科の待合室で2人を見つけた。コウちゃんが、ふいにこっちを向いていきなり大声で叫んだ。K子さんは一瞬心臓が止まるかと思った。「ねえママ、ここにいる人たち、みんな死んじゃうんでしょッ?」

いても立ってもいられずに

いても立ってもいられずに、息子を抱えて走り出し、おなかの大きいK子さん、とっさの判断で産婦人科のフロアへあたふたと逃げ込んだというわけだ。そんなドタバタがあったとは知らなかったAさん、思わずウーンとうなってしまった。入院患者がひと息つきに、病棟からロビーへと下りてきている。外来も予約や検査の患者だけになり、いくぶんひっそりとしている中に、ポツポツとパジャマやガウン姿が見える。入院患者たちは、少しでも外の健康な空気に触れたくて、ロビーに下りて来るのであろう。

本当にもうすぐ死んじゃう人がそこにいたかどうかはわからないが、ただの元気のない病人でも、4歳の子どもにとっては、みんなそう見えるのかもしれない。ガラガラと点満のビンを下げた動台を動かしながらゆっくりと歩く者、玄関の明るいガラスの創四外をぼんやり眺める者。やっばり病院での待ち合わせはダメだね、とAさん夫婦は顔を見あわせ、うなずき合ったのである。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医療ミスの民事訴訟の問題

死がからむような重要なケースは、まず担ぎ込まれないし、担ぎ込まれても大きな病院に送ればいいだけの話。しかし、ほとんどの勤務医にとっては、事故調は脅威になる。医師会に入っている勤務医は、即刻、医師会を辞 …

no image

医者の学歴は何故公表されないのか?

日本の病院では、医者の学歴が公表されません。学歴社会日本では異色な世界で、そういうことは一切公表されていません。日本の医者はほとんど必ずどこかの大学の医学部か、防衛医科大学校卒なのですから、なにも隠す …

no image

医療ミスの事例は多いが隠蔽しようとするものもいる

医者は、警察官や自衛官、教員などと同じで、いったん反社会的な行為をしたら、その人の信用は一気にゼロになってしまいます。とくに医療は、どこからどこまでがミスで、どこからが避けられなかった不可抗力なのか、 …

no image

大学病院の医師がアルバイトを探すときに役立つ会社

大学病院の医師は、年収が少ないようです。ですので、生活費を稼ぐために、アルバイトをしている先生も多いといいます。 もしも大学病院に勤められていて、アルバイト勤務もしたいと思っているのであれば、医師アル …

no image

医者と付き合う場合、待ち合わせの時間を決めるのに苦労する

救急車で運ばれてきた患者さんを譲ることは緊急を要しますから、デートよりも優先順位は上にしないといけません。しかし、医者もデートをしたいと願っています。でも、月曜日は研究会、火曜日は手術日、水曜日は夜間 …