雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

病院の教授回診-ピリピリする神経の使う行事

投稿日:2014年11月24日 更新日:

明日が回診ともなると、教授の機嫌を損ねては自身の立場が危うくなるので、神経の使い方は並じゃない。一週間に一回というのが普通で、病院によっては五日に一回、十日に一回とまちまちで、研修医にとって、これほどわずらわしいものはないという。教授以下、医局員全員と看護婦が病棟の患者一人ひとりをまわり、治療状況を見るのが教授回診である。

何も回診でいちいち聞くことはないわけで、権威を示す以外には、たいした意味はないという。若い医者の管理を厳重にしておこうという意図もあるようだが、教授の性格にもよるが、アメリカなんかはもっと厳しく、患者の細かいデータまで把握していないと怒られるらしい。

いろいろといわれるのもしゃくなので、回診用カルテに完全なデータを書き込むために夜遅くまで書類作成に追われるという。その日がアルバイトの日に当たっていたら悲惨で、前々日にカルテを作らなければならない。翌日は眠い目をこすって出かけることになる。

担当がへマをしたら、責任を問われるのは医局長など医局の責任者である。だから回診の前日になると、ちゃんとデータを把握しておけよと、口をすっぱくしていってくるという。データ作成をうるさくいうのは大学病院だからで、一般の病院ではそんなことはない。

ピリピリするのは看護婦も同じ

ピリピリするのは看護婦も同じで、容体が悪くなった患者をそのままにして回診に当たったりすると、教授から婦長にすぐ指摘がある。看護婦の落ち度はすべて婦長の責任になるからだ。研修医とナースのコンビネーションが悪いんじゃないか。しっかりやりたまえ。婦長は怒られながら、冷や汗をかく。その反動が怖い。時には一人ひとり呼ばれて、私生活のことまで注意されたりする。それが原因で看護婦を辞めてしまう女の子もいるほどだ。
担当のナースだけでなく、その病棟全員がガミガミ、ネチネチと嫌味をいわれる。

また、どんな世界にもすぐに目をつけられては怒られる人間がいる。要領が悪く、教授回診の時の質問にオドオドしてなかなか答えられず、いつも怒鳴られてしまう。患者の前で怒鳴られては医者として立つ瀬がない。もっとも、いつも怒っている教授なら患者も慣れているので平気だが、めったに怒らない教授が怒鳴ったりするとショックは大きいようだ。

わたしは大丈夫なんでしょうかとほかの医者にそれとなく聞いたりするので、教授の虫の居所がよほど悪かったんでしょう。担当の先生は間違っているわけではありませんから、安心してくださいと、なだめなくてはならない。担当の医者への信頼をなくし、自分が受けているのは正しい治療なのかと不安を抱いてしまう。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医学研究の本当の意味をもう一度考え直さないといけない

たしかに研究は自由で、どういうことをやってもいいのかもしれない。しかし、これからは大学病院という公共性のある施設では、その研究の正しい評価を行ない、無駄な研究をやめさせ、時間と金のロスをくい止めていか …

no image

医者への謝礼は過去の遺産-今はサービス提供が勝負

謝礼を渡さなければ手術で手を抜く、などということがこの現代にあったら、それこそ謝礼どころか訴訟の対象になります。今は、病院側が決められた診療報酬で患者に対してどれだけのサービスを提供できるかと競争する …

no image

咽頭がんの原因や手術 術後声は出せるの?

肺がん以上にタバコが深く関係しているがんにのどのがんがあることは、意外と知られていない。進行がんや再発がんでは、のど仏の骨に囲まれた喉頭を切除しなければならない。 タバコが肺がんの原因となることはよく …

no image

既往歴の意味-あらかじめ過去の病気などを思い出しておく

久しぶりに病院に行くなら、今までの病気の歴史を復習しておくといいでしょう。初めての病院に行くと必ず質問されることがあります。最初に、どうなさいました?と聞かれます。今回、どのように具合が悪いか、という …

no image

医学部への受験勉強

私が、夢を持ち、医学部に入ろうと思い、勉強する気になったのは、実は、高校二年生の初めに、とある映画を観たからだ、と、ある医師は語る。その映画は、屈折した若者の心理を描く青春映画だった。私も、そういう屈 …