雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

病院にやってきたホームレスに苦戦した医師たち

投稿日:2015年5月18日 更新日:

年齢不祥、髪は脂とホコリでべとべと、おまけに目にツーンとくるほどの異臭を漂わせた、典型的なホームレス。深夜の救急センターには、実にさまざまな人間がやってくる。木枯らしが吹きすさぶ、11月末の深夜。山手線の駅前に建つ、ある総合病院の救急窓口に、ふらりとひとりの男が現れた。なんのご用ですか?受付は、ハンカチで口をおさえながら強気で応対した。だがホームレスは全くひるむ様子を見せない。それどころか、酒を飲んでいたら、急に腹が痛くなって、イテテテテと、酒くさい息で必死に病状を訴える。

応対に出た受付の事務員は、一瞬たじろいだが、ひと目で(ははーん、これは駅構内の寝ぐらにありつけなかったんだな)と、察知した。その病院は駅のすぐ前にあるので、厳寒の中、凍えたくないホームレスが目をつけるのも無理はない。しかし、当然のことながら病院は宿泊所ではない。

病気といわれては放り出すわけにもいかない。しかたがないから患者を中へ通す。一刻も早く出ていってほしい、と願いつつ、医師は消え入りそうな声で診断を下した。ヒサンなのは、診察にあたった医師だった。患者、がベッドに横たわると、アンモニア臭が部屋中にたちこめる。息をすると気絶しそうで、もはや酸欠状態の一歩手前である。どこも悪くはなさそうですよだが、それを聞いても患者は納得しない。

レントゲン技師は覚悟を決め

イテテテテと、腹をおさえてのたうちまわるばかりで、お引き取りになる様子は毛頭ない。じゃ、レントゲンでも撮りますか痛いというならしかたがない。患者は、ついにレントゲン室まで送られることになった。けれども、待てどくらせど、患者はカメラの前に現れない。レントゲン技師は覚悟を決め、悪臭の権化である服を脱ぎ捨ててやってくるはずの患者を待った。

そして2時間ほど過ぎたころ、「やめた・・・」。こみあげる吐き気と戦い続けたレントゲン技師、遠くなっていくホームレスの背中を、ただ呆然と見送っていた。レントゲン室の中でえんえん思案に暮れていたらしい患者は突然、そうつぶやいたかと思うと、服を着込んでレントゲン室からトコトコと出ていってしまったのだった。窓のないレントゲン室では、その後一週間、彼の残した「かおり」、がしっかりしみついていたということである。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

犯罪者と心神喪失や心神耗弱

そんなことをした覚えはない記憶がないなどと、凶悪犯罪の容疑者として逮捕された人物が、主張することがある。 精神の障害により判断力が乏しくなっている状態。心神耗弱は、心神喪失よりも軽い。自分の行為がもた …

no image

喉頭がんは手術や治療で治る?原因や生存率は?検査で発見できる?

喉頭がんは、「のどぼとけ」にできたがんのことです。のどぼとけのことを「喉頭」と呼ぶので、喉頭がんとなります。 喉頭がんは、女性よりも男性に多く発症するがんで、50歳を過ぎたあたりから発症数が増える傾向 …

no image

ニューハーフの患者が大部屋に入ったらどうなる?

パンツスーツは女性のファッションとして定着しましたし、髪の長い男性もふえています。世間では男女の区別が少なくなってきています。かつては女性の職種だった看護婦さんや保母さんにも男性が進出してきました。男 …

no image

医者に嫌われる患者と好かれる患者

~医者だって気分がのらない時もある。医者が好きになる患者、嫌いになる患者~ 外科でこんな患者はお断りというのが、何といっても老人のようだ。家族に愛されている老人であれば、おじいちゃんを何とか助けてくだ …

no image

医者が研究の看板のもと医療がおろそかになる現状

現時点では医学研究のための重要な機関である。しかし、その看板のもと、無駄で意味がないと承知していながら。教授の顔色をうかがってやらざるを得ない研究や、研究予算を取ったために無理に結果を出すための研究を …