雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

武装解除、攻撃抑止力、そしてテロとの関連の問題だけに限定

投稿日:

体制側の評論家は、イラク攻撃に関する意見を述べる時、政府の主張の中で真撃に意図されていると思われる事柄だけに問題を限定していた。武装解除、攻撃抑止力、そしてテロとの関連である。フルシチョフがキューバにミサイルを送り、それが核戦争に発展する可能性もあったが、実際にはそうならなかったケースとまさに同様に、選択された政策の評価を定めるのは、それが実際にどれくらい起こりうる事態なのかという点。

自明の理は、公式の敵に適用する時には充分に理解できるが、我々自身に当てはめるのはずっと困難なものだ。当たり前のことだが、その判断はどんな結果になろうとも、正しさは変わらない。人は常に最悪のシナリオが現実にならないことを祈っている。そして、その目的に向けてあらゆる努力を傾けるべきなのだ。少なくとも、基本的な道徳基準を考慮できる人にとっては、そうだ。

彼らのレトリックは

彼らは中東の解放や民主化に関してはほとんど話題にせず、また国連の査察を、それどころか安全保障理事会や政治の領域で起こったあらゆることを無意味なものにする問題についても触れなかった。彼らのレトリックは、過去の出来事や現在の状況は言うまでもなく、そうした言葉と共に民主主義への軽蔑の念が示された事実を考慮しても、一重の意味でまともには受け止めがたいものである。恐らく、武力行使にはほぼいつも高尚なレトリックがつきものだということに気づいていたからであり、従ってそこには何の情報も盛りこまれていないことを知っていたからだろう。

彼らは過去にサダラセインを支持したこと(及び現在も彼と似た独裁者を支持し続けていること)に対する斬撃機の念を示すこともなければ、フセインが本当に危険な存在だった時期に、大量破壊兵器の開発を援助したことについて悔恨の意を示す徴候すらない。批判的な人々は、ワシントンの現職者、イラクの民主主義に関心があるとされているが、何も聞かされていないことにも気づいている。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

正義のための戦争の典型

絶対的な平和主義者と、多くの人に憎まれているかは滞りなく虐殺されるべきだと考えるよう次々を除けば、アフガニスタンへの爆撃は間違いなく正義の戦争だとほとんどの人が認める。高名な政治哲学者のジーン・べスキ …

no image

国際システムのプロセスを不寛容なものに

冷戦の開始は不可避であったのか?もしも不可避を「大いにありうる」と緩やかに解釈すれば、ポスト修正主義者たちが正しいことになる。2極構造は米ソ双方をヨーロッパの力の真空に吸い込まれやすくしたし、そこから …

no image

エスニシティは不可避的に戦争につながる不変の事実というわけではない

旧ユーゴスラヴィアは2極構造の世界で独立を維持すべく団結していたが、チトー大統領の死と冷戦の終焉で、政府がエスニック紛争を調停する能力は弱体化した。コンストラクテイヴィスト[構成主義者}によれば、エス …

no image

ゴルバチョフが権力の座に就いた時

1985年にゴルバチョフが権力の座に就いた時、アメリカには3000万台のパーソナルコンピューターがあったが、ソ連には5万台しかなかった。4年後。アメリカでは4000万台であったのに対し、ソ連は40万台 …

no image

イラクに対するアメリカ固有の恐怖と誤解がなければ

国防総省は、更なる部隊の展開は先例のない規模の国内危機を引き起こす危険があると恐れた。一九六八年には、大衆に対する恐れの念はきわめて深刻になり、更に多くの部隊をべトナムへ送る事態になった場合、治安維持 …