雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

武力行使容認決議-パウエルの状況説明

投稿日:

アメリカの当局者は、パウエルの状況説明が、武力行使を認める決議に支持を集めるための長期的な努力の一環だと見られまいとしていたと、国際報道機関は報じた。国連は会合を開いて討議することはできるが、我々には彼らの許可などいらない、ブッシュ政権が軍事行動を余儀なくされる理由を、宣言する上で人類全体の意見をきちんと尊重していることは、その数ヵ月後、パウエルが米国政府の戦争遂行の意図を安保理で表明した時再び強調された。

米国政府は安全保障理事会を構成する他のメンバーに相談するが、彼らの承認を取り付ける必要を感じないだろう。外交上の機微はどうあれ、ブッシュ氏はこの決議を、フセイン氏が妨害した場合に、イラクに対処する上で必要な全ての権限だと考えていることを明らかにしたと、海外特派員は述べた。米国政府は決議案を安保理に提出することに同意したが、それが無意味なのは疑問の余地がなかった。安保理はいつでも解散して別の討論の場を設けることはできる。我々には、必要と信じることを実行する権限がある。

米国政府は意のままに武力を行使すると

米国政府は意のままに武力を行使すると、世界各国に通達した。安保理の他のメンバーが我々に追いったければ、しばらく足を止めて文書に署名してもいいが、それ以上は何もする気はない、と。米国政府のある高官は言った。我々は第二の決議案について交渉するつもりはない。そんな必要などないからだ。二四時間以内に抵抗をやめるか、さもなければ我々がイラクに侵攻して、安保理からの無意味なお墨付を貰うまでもなく我々の選んだ政権を作らせるという。

ブッシュとブレアはその後、アゾレス諸島の米軍基地で開かれたサミットで、国際法と国際機関に対する軽蔑の念を強調した。この会議にはスペインのホセ・マリア・アスナール首相も参加した。討論クラブは追いついてこの企てに参加することもできるが、そうでなければ大統領が示した選択肢に従い、我々の側ではないテロリストの側についている国にふりかかる災難を味わうことになる。米英首脳は国連安保理に対する最後通喋を発した。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

不適切な機関が国家支援の国際テロに絡む時消去されず賞賛される

不適切な機関が国家支援の国際テロに絡む時は、テロリストの残虐行為が完全に消去されずに、むしろ賞賛されることがある。それがよくわかる例は、エルサルヴァドルにかわって米軍事援助及び訓練の最大受入国になった …

no image

社会活動の仕事をどのように限定するのかは議論を呼ぶ問題

社会活動をどのように限定するのかは議論を呼ぶ問題である。過去三〇年にわたる新自由主義主導の動きは、そうした活動を制限する方向で進んでおり、基本的な意悪決定を、ほとんど説明責任を負わない私的権力に委ねて …

no image

反体制出版や人権活動家による反体制運動の高まりに見られるように

スターリンは重工業中心の集権的な経済制度を確立していたが、それは非常に融通性を欠き、変化に対応できないものであった。そのため、成長しつつあったサービス産業に労働力を移転することができなかった。 国民に …

no image

ホンジュラスの米軍基地から攻撃するテロリスト部隊に通信機器を支給

それは経済を崩壊させ、長期にわたる恐ろしい代理戦争を遂行し、犠牲者には破壊された橋と、疲弊した先住民が自ら望ましくない政府を打倒するまで続ける手段であり、我々が被る損害は最低限のものとし、閉鎖された発 …

no image

国際法と国際組織への侮辱

国務省の法律顧問エイブラハム・ソーファーの説明によれば、世界のほとんどの国は我々と同じ見解をもつことを当てにできず、これら大多数の国はしばしば重要な国際問題に際してアメリカに反対するという。アメリカの …