雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

ブレザーとパンツの組み合わせかた

投稿日:

・ブレザーとパンツの組み合わせ方

フランネル(flannel)という生地を知っていますか?想像以上に古い歴史を持つ布地で、むかしはまるで毛布のような生地で、厚く、丈夫な、頼りになる素材だったのでしょう。今でもブレザーといえばフラノ、フラノといえばブレザー。このふたつは切っても切れない縁で結ばれています。日本語のフラノのことです。それはウール地の意味であったとのこと。表現を換えるなら、良いブレザーとはよいフラノ地が使われているもの、とも言えるでしょう。しっかりと緻密ではあるけれど、どこかにしなやかな温もりを感じさせるものが上質のフラノです。

ブレザーを購入する前には必ず、生地に触ってみましょう。粗い感触のするものは避けてください。二着の異なるブレザーを、左右の手で触り較べてみると、素人にもその違いが分かります。ぜひ一度試してみてください。淡いグレー・フランネルのパンツほど、全体の印象は軽快になってきます。さまざまなグレーのなかから好みの色合いを見つけてください。同じグレー・フランネルでもダーク・グレーとライト・グレーではまた味わいが変わってきます。

フラノのブレザーにフラノのパンツがよく合う

それはともかくフラノのブレザーに、フラノのパンツがよく合うのは当然のことでしょう。ネイビー・ブレザーにグレー・フランネルなら、あとは何をVゾーンに組み合わせても必ずサマになります。ごく常識的にいえば、ネイビー・ブレザーにグレー・フランネルのパンツ。これはもう永遠のコーディネイトです。それほど最良最高の組み合わせなのです。

本当にブレザーの着こなしは無限と感じるほどに広いですね。ポイントは、プレザーには、同じフランネルのパンツを合わせることです。いざドレス・アップという場合に、白いフランネル・パンツを合わせる方法もあります。ホワイト・バックスと呼ばれる白い靴を合わせたりするのです。ブレザーを研究していくと、色々と楽しいので、皆さんも研究していきましょう。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

パーティードレスの黒は派手で喪服の黒は地味

黒やべージュで揃えているけれど、その中に素敵!と目で追うようなコーディネートをしている人は、ほんの一握り。ほとんどはその他大勢の枠から出ていないのが、悲しい現実です。女性ファッション誌を見ると、べージ …

no image

Vネックニットのコーデ術

私のニットの八〇パーセントを占めるのは、Vネックのニットです。私にとって女らしいというのは、花や色がついていることではなく、ラインが美しいもの、体型を美しく包み込んでくれるもののことです。コーディネー …

no image

微生物の多くは普通の洗濯で洗い流せるのですが完全には落とせません

パンアフリカン・ニュース・エージェンシーは、他人が身に付けたり毒物にさらされたりした衣類などを着用して重篤な病気にかかる危険を冒している人々が何百万人もいると報じた。この情報筋によれば、衣類は放射能か …

no image

アパレル会社はセレブとつるめばすぐに話題になることを知っている

エドワード・ノートンは、二〇〇二年のデス・トゥ・スムーチーでアルマーニを着たがったという。問題は、彼の役柄がヒッピーだったことだ。彼にはああいう服を着てほしくはなかったんだけど、でも・・まあ、彼のこと …

no image

フレンチコネクションなどの店舗がすばやい回転ペースをめざすか

ファッション・ヴィクティムの場合、今も買い物の過程そのものを楽しいと感じるようなところがある。店内を見て回って、服を試着したり、生地を触ってみたりして楽しむわけである。ショッピングの科学の著者、パコ・ …