雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

ブラジャー型の崩れを防ぐ方法

投稿日:

思いきって捨ててしまい、残っただけを、大事に保管しよう。いくらデザインが気に入っていても、体形に合わなくなったり、ほとんど身につけ下着は残しておいても意味はない。ブラジャーの場合は、形崩れしにくく、しかもコンパクトに収まるたたみ方を覚えておくと便利。まず、真ん中で半分に折って、左右のカップがきちんと重なるように一方のカップの丸みを裏返しにする。余った部分やひもを、このカップのくぼみにすっぽりと収めてしまうと、カップがへこむ心配もなく、きれいに形がそろう。引き出しに詰めるときには、真ん中の折り目を上にして並べると、スペースもとらず、取り出しやすい。

どこに何があるかひと目でわかる収納法

収納しきれないほど枚数が多くなった場合は、古いものから順に処分していけばいい。Tシャツや下着類を引き出しにしまうときには、下から順に重ねるのではなく、どこに何が入っているか上から一目で見渡せるように、奥から手前に並べるのが基本。これがいちばんロスのない収納法だが、ただし、引き出しにしまうとき、パパや子供の下着類はほとんど白ばかりで、たたんでしまうと、ランニングも半袖シャツもみんな同じになってしまい、取り出すときにまぎらわしいこともある。そうならないためには、引き出しのなかに厚紙などで仕切りをつくり、ランニング半袖シャツ長袖シャツなどの見出しをつけておくと、一目瞭然。子供にもすぐわかるから、忙しい朝にもママの手をわずらわせないですむ。

下着をやたらとためこまないコツ

レースがとてもかわいいショーツをたまたま見つけたとか、同じチェックの色違い3枚セットのトランクスがバーゲンだったりすると、下着は何枚あってもいいからと、つい買ってしまう。これが下着を増やす原因になる。発想を変えてみよう。家族一人当たり何枚と枚数を決めてしまうのだ。その数に合わせて一度に買い、それを繰り返し平均的に使う。そうすれば傷みも平均的になるから、買い替えるときはまとめて捨てて一気に新品に取り替える。こうすれば、下着をしまうスペースはいつも一定で、どれから捨てるか迷うこともなくなる。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

プラスター壁は掃除するより思い切って塗り替えよう

汚れの目立つプラスター壁や塗装皮膜のはがれてきた壁は、思い切って塗り替えてみましょう。部屋全体を塗り替えると雰囲気はがらっと変わります。欧米ではペンキ塗りのテクニックも豊富で、スポンジを使って重ね塗り …

no image

電気の修理は近くの電気工事店や住宅電気工事センターに相談する

電気の修理は、近くの電気工事店や住宅電気工事センターに相談しましょう。家庭でできる、ごくわずかなメンテナンスだけで、意外と簡単です。電気の修理には電気工事士の資格が必要です。アースの取りつけやコンセン …

no image

必要なものと不要なものを分ける整理

必要なものと不要なものを分ける整理。 整理、整頓とはどのようなことなのでしょうか。それは、だれが見てもきれいな状態です。整理は、収めることよりも、取り出しやすく、しまいやすくすることが優先。でも整頓は …

no image

洗面所を乱雑にしないで片付けるコツ

・洗面所を乱雑にしないコツ 化粧品や整髪料、歯ブラシや練り歯磨きなどは、ぜんぶ棚の中にしまい込んで、見えないようにしておく。そのかわり、出しておく最低限のものは、センスのよいものを選ぼう。ただでさえゴ …

no image

戸襖張り替えの方法-やり方のポイントは意外と簡単でおすすめ

戸ぶすまを張り替える場合の手順について紹介します。引き手をはずす。ふすま紙を、表を上にして作業台などにのせる。戸ぶすまをその上にのせ、紙を切る。古いふすま紙がはがれない場合は、茶ちりをその上に張ってか …