雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

ブラウスのコーデ-選び方は素材の選び方

投稿日:

上流のパリジェンヌ御用達ブランドは、アラン・フイガレ。流行に流されないシックなデザインに良質な素材は、パリブラウスの代名詞と言っでも過言ではない。ブラウス選びは素材選びである。パリッとノリのきいたコットンのシャツは永遠の定番だ。

小さな胸でも臆することなくハッとさせる工夫をこらしていただきたい。でも、ボタンを二つ開けただけで下着が丸見えになってしまうようなものは品がなくなってしまう。パリジェンヌはたいてい第二ボタンは留めずに開けておき、第三ボタンから留めている。ということは、第一二ボタンまでの開き具合が自分にとって適度にセクシーに見える製品がベスト。

シルクのブラウスは、大人の女を演出するなら必須アイテムである。体にしなやかにフイットして美しいドレープを生むし、保温性が高い。おまけに通気性も良いので汗をかいでもにおいが残らない。高温多湿な日本で着でも、いいことずくめなのだ。もちろん、一昔前には手入れが大変で面倒くさかったが、最近は繊維の処理が革命的に進んだおかげで格段にケアが楽になった。

洗っているうちに色あせてくるようなものは

洗っているうちに色あせてくるようなものはみすぼらしい感じがする。逆にエラスティック(軽やか、カジュアル)なシャツなら、初めから洗いがかかっている(ストーンウオッシュやケミカルウォッシュで)ような、むしろ色あせた感じのほうがコンセプトにびったりくる。

綿素材のブラウスは、普通水洗いをするので縮みを計算して買わなくではならない。さらに、染めてあるコットンのブラウスにも二種類あり、エレガントなデザイン。ブラウスというよりシャツといったほうがびったりくる、その飾らないスタイは、逆にその中に秘められた女らしさを感じさせてくれる。そんなベーシックなアイテムであるだけに品質が問われるものなのだ。少々はりこんで、シルクのブラウスをさりげなくスーツのインに、というのもすてきだ。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

服はあなたの心理やどんな人間になりたいかを表すシンボル

シーズンごとに新しい自分を作り、自分なりの完璧さを成し遂げられる。それって、洗脳される、ことでもあるんだけどね。私たちはなぜ、こんなバカげたことに騙されてしまうのだろうか?ファッションって、完璧な姿の …

no image

マーケティング力の持つ意味-必ずしも最高の製品が勝つとは限らない

ファッションは一種の集団行動だと、広告、流行、消費者文化の著者であるアーサー・エイサ・バーガーが言う。人々がある種のブランド商品を買う時、その商品は、その人が自分をどう考えているかや、広告が作り出す幻 …

no image

値の張るラグジュアリー系ファッションには

シンシナティ大学でファッション・デザインのコーディネーターを務めるマージー・ヴォルカー=フェリアが言う。「大量にTシャツを作れば値段は安くなりますが、数百着しか作らない場合には、一着あたりの値段は跳ね …

no image

サングラスは似合わないと思わずに自信を持ってかけよう

・サングラスを味方にする方法 むかしイヌイットの人たちは手づくりのサングラスを使ったようです。言うまでもなく、本来のサングラスはおしゃれ用品である前に、道具の一種であったのです。雪と氷の多い地域では生 …

no image

ポロシャツは自分の好きな大胆な色を着ることがおすすめ

・マイ・ポロシャツを持つ たしかに現在のポロシャツの原型がポロ競技にあったことは間違いありません。でも今のように広く一般化したきっかけは、テニスからであったのです。ポロシャツはその名前の通り、馬に乗っ …