雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

ブランド・タグラインを用意して特長をいち早く伝える

投稿日:2015年1月31日 更新日:

あなたの会社は何を売っているのか、何が専門であるのか、どのような価値をもち、どのようなポリシーをもとに活動しているのかさらに、どのような未来像を描いているのかを明確に記載し、信頼に足る会社であることをしっかりと伝えることが望まれます。

企業情報の閲覧者は、ビジネスの潜在的なユーザーだけではありません。すでに顧客となっているユーザーもいれば、取引先や従業員が見る場合もあります。さらに投資家や、新卒、中途採用などの採用情報を求めてやってくるユーザーもいるでしょう。このように様々なタイプの関係者が、あなたの会社の情報を求めて閲覧にやってきます。

競合のウェブサイトを比較しているユーザーは、あなたのブランドが他社とどう違うのか、どんな点が優位なのかを知りたいと感じています。各ページの上部にタグラインを用意しておけば、ユーザーがどのページを訪問しようとも、あなたの会社の優位点や他社との違いを簡潔に伝えることができます。

ユーザーはストレスを抱えたままウェブサイトを閲覧

訪問したウェブサイトが商品サイトなのか、オンラインショップなのかが判然としていないと、ユーザーはストレスを抱えたままウェブサイトを閲覧することになり、途中で離脱してしまう危険性が高くなります。そのような場合でもタグラインでサイトの内容を明確にしておけばユーザーを迷わせることはありません。

訪問者のすべてが、あなたのウェブサイトや、企業、ブランドを理解しているわけではありません。初めて訪れたユーザーの多くは、あなたの企業はどんな企業なのかを知りたいと考えています。その際の有効な手段の1つが、へッダー要素にタグラインを用意することです。タグラインとは企業の理念や姿勢、優位性、生業(なりわい)を、短い一文のメッセージにまとめたものを指します。

このタグラインをへッダーに用意すれば、訪問者がどのページに訪問しようとも、このウェブサイトや企業が何なのか、どんな特徴をもっているのかをいち早く伝えることができます。

インターネットで稼いでみたい方は、ポイントサイトを使った副業がおすすめ!現在私が一番お金を稼いでいるポイントサイト「げん玉(会員数500万人)」なら毎月5万円は稼げますよ!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

ネットショップで必要なものやコストや機材などはどうなっているの?

インターネットショップを開店するにあたって、取り揃える機材やコストがどれくらい必要になるか気になるところ。実際にはパソコンを持っていないということはないだろうが、これから購入する周辺機器などの価格の目 …

no image

ネットショップを通じて多くの収益を上げたい

・ネットを通じて多くの収益を上げたい 自分で商品の価格を決めることができるネットショップは、アフィリエイトよりも高収入を望むことができます。ネットショップでは、取り扱う商品の選択や商品の価格まで決めら …

no image

Google SEO対策はキーワードの最適化から

検索サイトに上位に表示された方が、必然的にサイトにきてくれる確率が高くなります。ネットショップの店主は検索サイト上位に表示されるために、対策を立てなくてはなりません。これがSEO対策です。 検索サイト …

no image

安いレンタルサーバーを借りるよりお金をかけたほうがいい

いわゆる性能表や仕様書カタログというモノでは出てこないので、サーバー・各種CGIツールともに、見かけ上の装飾よりも、インターネットショップにとっての使い勝手を重視するといいでしょう。余分な機能をなるべ …

no image

電子決済の魅力は家にいながらにして支払いが済んでしまうこと

加盟資格を法人に限定していないのはスマッシュだけなので、個人ショップの場合にはスマッシュを選択することになる。自動で引き落ししてくれるという利便性や利用可能なショップが1ヶ所にまとめられていることもあ …