雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

ブランドを身につける心得-分不相応な着こなし

投稿日:

・ブランドを身につける心得

ブルジョワの子どもたちは、生まれるとボン・ポワン(マドレーヌにある高級ベビ服店)のベビー服にくるまり、オールド・イングランドなどの子ども服を着せられ、やがて成人するころから少しずつ老舗の門をくぐることになる。
パリでは、今でも高価なブランド品はもっばらブルジョワの子弟やマダムの御用ということになっている。

エリティスム(エリート主義)にはときに鼻もちならないスノビズムを感じることもあるが、エリート層こそフランスの文化やよき伝統を継承しているともいえる。その老舗とは、必ずしも日本でもてはやされているスーパーブランドのそれではなく、パリに一軒しかない仕立屋の部類も多い。貴族的なるものはあまたに存在しない、と考えている保守派も少なくない。

ブランド品を身につけるのは、ある程度社会的地位が高く、行動にはそれなりの注意を払うべき、が暗黙の了解だ。だいぶ薄らいだとはいえ、フランスでは今でもNoblesseObigeというわけで、地位が高ければ、徳高くあれという精神が生きているような気がする。

労働者階級とブルジョワ階級は対立

極論を言えば、労働者階級とブルジョワ階級は対立、ときには敵対する関係にある。フランスにあって日本にないもの、それは社会のクラス(階層)だ。フランス人は一般に個人主義だと見られているが、長らく社会階層が混ざり合わなかったから、社会階層ごとに群れる習性があり、その群れの中で仲間と違う格好をしているととても居心地が悪くなる。

パリジェンヌと一口に言っても、社会階層によって生まれたときから身につけるものが全然違う。一般庶民がブランド物を買わないのは、それらが高すぎるというあたりまえの理由のほかに、彼らのクラスで高級品を身につけていると仲間から白い目で見られるということがあるからだ。背のびをして、分不相応な着こなしをしていると、自分でも借り着をしているような着心地の悪さを感じるし、彼らが代々受け継いでいる質素険約の精神からも反するのである。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ミンクを逃がし、不法侵入と損壊

きっとスイート・コーンや黄金に輝く麦がたわわに実るだろうと思われるエパーツ農場。近隣の農家と違って、ここで生産されているのはこうした美味しい作物ではなかった。ゴールデン・エーカーズの一角にあるこの農場 …

no image

完璧なワイシャツの袖口とは?

・完璧なワイシャツの袖ロとは? ビジネスマンのワイシャツ選びに欠かせない条件のひとつに、シングルの袖口であるかどうかということがあります。つまりフレンチ・カフ(ダブル・カフ)は注意深く避けなければなら …

no image

痩せているモデルを使い続ける雑誌業界

研究はどれも、大衆が明らかにもっと現実的な体型を必要とし、欲していることを指摘している。彼女たちは、痩せた理想像により近づく方法、それも、実際にへルシーな食事をしたりエクササイズしたりしなくてもいいや …

no image

フェンディのショーでグレーのストライプのファー・コートを重ね

フェンディのショーで、シャギーなモへアのドレスによく似合うグレーのストライプのファー・コートを重ね、その翌年のガイ・マティオーロのショーでは、シルクのパンツにファー・ジャケットを合わせるというように。 …

no image

シンプル&ベーシックなコーデを心がける

・シンプル&ベイシックの着こなし方 たとえばネクタイピンをどうするか。それがどんなスタイル、どんなデザインであろうと、ネクタイ留めは不要です。新人ビジネスマンにふさわしい着こなし、それはシン …