雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

ブラックスーツの着こなしを楽しむ

投稿日:

値段が高い、安い、で一喜一憂している状態ではけっして服は味方になってくれません。理想を言えば、値段に関係なく楽々と自分のものにしてしまう強引さがおしゃれには必要なのです。もし二十万円のスーツに袖を通さないと不安で仕方がない、となればそれは不幸な方でしょう。スーツの値段や品質よりも、それを着る側の心が卑屈になるかどうか、という問題があります。服が似合う、服がサマになる、これは服と人がひとつに溶け合ったときに起こるのです。

一般論としては次のように言えるでしょう。そのスーツをいったい何年ぐらい(何回ぐらい)着るだろうか、と考えてみる。一万円でも一シーズンで終わりなら、高いものになってしまいます。もし二十年も着られそうなら、仮に一十万円でもそう高いわけでもない。結局、より長く着るなら多少の投資をし、短い着用なら安いものを上手に探す、ということになるでしょうか。

ブラック・スーツを楽しむ方法

日本人は主として黒髪、黒い瞳ですから、私は似合うと思います。黒い色は日本人にふさかわしい色だと思います。またこんなに美しく、便利な色を冠婚葬祭用と決めつけることもないでしょう。表現を換えるなら、黒を上手に中和させることを心がけましょう。強くて良い場合もあれば、良くない場合もあります。一例ですが、淡いブルーのシャツを着る。たったこれだけでも、ブラック・スーツの印象がやわらかくなります。

たとえば黒のスーツに白いシャツを合わせると、コントラストが強くなります。黒はやはり印象の強い色です。その強さをどのようにしてやわらげるかが、着こなしのポイントになります。

ネクタイをどうするか。同じように淡いグレーのシャツを着る方法もあります。そしてネクタイにはダーク・グレーを基調としたものを選ぶ。もちろんそれはストライプをはじめとするさまざまな柄で良いし、そのなかに強い色が混ざっていてもまったく問題ありません。というよりもかなりシックな着こなしになるはずです。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

シャツの色で印象が大きく変わる-注意したいポイントは?

いまのシャツはほとんどがストレッチの入ったものなので、いまさら言う必要もないかもしれませんが、コットンストレッチで、ほどよく身体のラインにフィットするシルエットのものが、全身をきれいに見せてくれます。 …

no image

アパレルチェーン店の時間のかからないファッションのすばやさ

初めて行ったレストランでは、メニューを見るだけで数分はかかる。本日のおすすめ、聞き慣れない名前の前菜、興味を惹かれるメインやデザート。だが、マクドナルドならメニューはもうわかっている。時間のかからない …

no image

フランスでは古着屋はレアール周辺などいたるところで見つけられる

アンティークの迷宮、クリニャンクール(パリ市の北に位置する街)は古着屋天国。おもに北アフリカからの引揚者が経営する小さな店がえんえんと軒をつらね、ちょっとでも店員と日を合わせようものなら、気の弱い人な …

no image

イージーオーダーでは店員との付き合い方が大事

・賢いイージー・オーダーとの付き合い方 自分の好みのスタイルをつくるには、どこの店が良いかを探すこと。これが出発点です。まず店によってやはり得手不得手があります。たとえばアメリカン・スタイルが得意なと …

no image

値の張るラグジュアリー系ファッションには

シンシナティ大学でファッション・デザインのコーディネーターを務めるマージー・ヴォルカー=フェリアが言う。「大量にTシャツを作れば値段は安くなりますが、数百着しか作らない場合には、一着あたりの値段は跳ね …