雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

雑学

ブラックホールの正体-光すら逃げだせない

投稿日:2017年8月13日 更新日:

ブラックホールの正体-光すら逃げだせない

光すら逃げだせないブラックホールとは

光すら逃げだせないブラックホールとはどんなものなのでしょうか。宇宙に存在するブラックホールとは、光すら脱出できないほど重力が極限まで強い時空の領域である。

この壮絶な重力をもつ領域は、どういうふうに生まれるのだろうか。太陽の八倍以上もの質量をもった星では、進化の最終段階で超新星爆発を起こす。星の外側は吹き飛ぶが、内側のコアは収縮する。

コアの質量

コアの質量

コアの質量が太陽の二倍から三倍以上の場合、コアは自分の強い重力のために星を支えられなくなり、限りなく縮むという。

その大きさがシュバルツシルト半径に達すると、それより内側からは全ての物体がでてこられなくなる。この領域がブラックホールである。

ところで、先に述べたシュバルツシルト半径とは、重力の極限を定めたものだ。天体を小さく押しつぶしていって、重力が極限の強さに到達したとき、それをシュバルッシルト半径と呼ぶのである。

シュバルッシルト半径から外に放たれる光は速度がゼロ

シュバルッシルト半径から外に放たれる光は速度がゼロ

たとえば太陽の質量では約三キロメートル、地球の質量では九ミリメートルがシュバルツシルト半径となる。これ以上強い重力の場は考えることができない。

このシュバルッシルト半径から外に放たれる光は、速度がゼロになる。外に出ようとしても、重力の中心に向かって引き込まれるからだ。それゆえブラックホールの表面からは光すら逃げられないのである。

ホーキング博士によると

ところで、ホーキング博士によると、ブラックホールは蒸発するという。彼の説明によると、量子論では、真空は空っぽの空間ではなく、粒子と反粒子が生成と消滅を繰り返す揺らいだ空間である。

仮にブラックホールの事象の地平線で対生成すると、片方の粒子が正のエネルギーとして飛びだし、もう片方が負のエネルギーとしてブラックホールに吸い込まれる。

その結果、ブラックホールには負のエネルギーが次々と蓄稿されて質量が減っていき、水が沸騰するように蒸発してしまう。ただし、実際に蒸発するのは大きさが陽子ほどのミニブラックホールだけだという。

-雑学

執筆者:

関連記事

ココアの持つ意外な健康効果とは?

深夜割増サービス料をファミレスが取る理由

深夜割増が設定されている時間帯は、多くのファミレスで夜10時〜翌朝5時。たしかにこれは、労働基準法で賃金の深夜割増が定められている時間帯とぴったり重なる。しかし人件費の問題なら、ファミレス以外のチェー …

一般車両が追突する事故がありました

タクシーがLPガスを使う理由は?

タクシーがLPガスを使う理由はご存知だろうか。一般車の燃料にLPガスを使うことはないが、タクシーはLPガスが一般的だ。タクシーのトランクを開けると、ガスポンペがあって驚かされる。タクシーがLPガスを使 …

黄金の林檎

5・7・5俳句の区切りの理由

5・7・5俳句の区切り 5・7・5俳句の区切りの理由をご存知だろうか。 日本の俳句は、世界的にも評価が高くHaikuとして広く知られているほどだ。 俳句や和歌には この俳句や和歌には、大きな特徴が三つ …

ウグイスの鳴き声-縄張りソングの存在

ウグイスの鳴き声には縄張りソングがある、というのをご存知だろうか。 ウグイスの鳴き声を聞いていると ウグイスの鳴き声を聞いていると、何だか気持ちが落ち着きますし、春の訪れを感じる人も多いはず。 梅にウ …

田舎のほうはドコモの電波塔の数が多い

北海道の名前の由来-昔は北加伊道だった

最も異色な北海道 日本の都道府県名の中でも、最も異色なのが北海道である。北海道だけは他の県と違うところがけっこうある。 ところで、北海道の名前の由来はご存知だろうか。道がつくのは北海道だけであるし、明 …