雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

文章は読み手のことを考えて書くのがたいせつなこと

投稿日:2015年4月13日 更新日:

文章は読み手のことを考えて書くのがたいせつなことです。新聞記者や雑誌記者が、先輩に叩き込まれる文章の基本のひとつに中学生にもわかるように書けというのがあります。中学生が知っている範囲の漢字を使い、中学生でも理解できるいいまわしを使って表現し、わかりやすい文章を書け、といった意味です。また、数字を書くときは注意しましょう。数字にコンマをつけるのは、経理関係者でなくても常識的なことです。

プログラマーは優秀なので、400000円をひとめ見て40万円だとわかるのでしょうね、と皮肉のひとつもいいたくなります。400,000円ならふつうのかたでも40万円とわかるかたが多いはずです。わかりやすい文章を書く指針として明快な教えだといえます。しかし、うのみにしてはいけません。落とし穴です。少し考えましよう。中学3年生は高校を受験できる学力を身につけています。これからの3年間で学んでいくのです。中学校の3年間は、身体的にも学力的にも、いちばん成長する時期だと思います。

小学6年生にわかる文章を書く

では、春になり新入学した中学1年生の学力はどうでしょうか。中学生とはいえ、まだ小学6年生の学力しかありません。中学生にもわかる文章というのは、この入学したばかりの中学1年生でもわかるということです。つまり、小学6年生でもわかる文章ということになります。中学生にわかる文章ではなく小学6年生にわかる文章を書くように心がけましょう。いままで、漢然と文章を書いていたかたは、これからは読む相手を小学6年生に絞ってみてください。ずいぶん書きやすくなるものです。

また、だれでも、苦手意識を捨てて、スラスラとうまい文章を書けるようになりたい、と思うものです。どうも、筆不精でして文章を書くのが苦手ですよく、耳にします。うまい文章ここに落とし穴があります。うまい文章とは、どんな文章でしょうか?すぐに答えられる人は、まず、いないでしょう。では、どうすれば、なんでもない文章が書けるようになるのでしょうか。それは、素直な気持ちになることです。

ネットで稼ぎたいなら、ポイントサイトがおすすめです。私が一番稼げているのはポイントサイトは、げん玉(会員数500万人)というサイトで、ここなら毎月5万円は稼げます!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

ロボット型検索エンジンに登録しよう

ロボット型検索エンジンは、自動的に自らのネットショップへアクセスし巡回するように思われますが、ロボット型検索エンジンも検索サイトへの登録が必要です。登録をしなければ、アクセスされないしくみとなっている …

no image

ネットショップのレイアウト、構成を決めよう

土地と住所が決まったら、ネットショップのレイアウト、つまり構成を決めていかなければなりません。使い勝手のいいページをモットーに制作していくことが重要です。使い勝手とは、Webサイト構築の世界ではウェブ …

no image

ネットショップとドロップシッピングの併用

~ネットショップとドロップシッピングの併用~ 自らネットショップを経営していても、品揃えが少なく、ネットショップとしての充足感がないなどの理由で、ドロップシッピングとの併用もネットショップ運営には考え …

no image

ブランド・タグラインを用意して特長をいち早く伝える

あなたの会社は何を売っているのか、何が専門であるのか、どのような価値をもち、どのようなポリシーをもとに活動しているのかさらに、どのような未来像を描いているのかを明確に記載し、信頼に足る会社であることを …

no image

ユーザーをセグメンテーションし関連性の高いメールを配信する

・ユーザーをセグメンテーションし、関連性の高いメールを配信する 購読者は女性なのに男性向け商品の紹介メールばかりが送られてきたらどうでしょう。このような関連性のないメールを送らないためには、ユーザーを …