雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

文章は読み手のことを考えて書くのがたいせつなこと

投稿日:2015年4月13日 更新日:

文章は読み手のことを考えて書くのがたいせつなことです。新聞記者や雑誌記者が、先輩に叩き込まれる文章の基本のひとつに中学生にもわかるように書けというのがあります。中学生が知っている範囲の漢字を使い、中学生でも理解できるいいまわしを使って表現し、わかりやすい文章を書け、といった意味です。また、数字を書くときは注意しましょう。数字にコンマをつけるのは、経理関係者でなくても常識的なことです。

プログラマーは優秀なので、400000円をひとめ見て40万円だとわかるのでしょうね、と皮肉のひとつもいいたくなります。400,000円ならふつうのかたでも40万円とわかるかたが多いはずです。わかりやすい文章を書く指針として明快な教えだといえます。しかし、うのみにしてはいけません。落とし穴です。少し考えましよう。中学3年生は高校を受験できる学力を身につけています。これからの3年間で学んでいくのです。中学校の3年間は、身体的にも学力的にも、いちばん成長する時期だと思います。

小学6年生にわかる文章を書く

では、春になり新入学した中学1年生の学力はどうでしょうか。中学生とはいえ、まだ小学6年生の学力しかありません。中学生にもわかる文章というのは、この入学したばかりの中学1年生でもわかるということです。つまり、小学6年生でもわかる文章ということになります。中学生にわかる文章ではなく小学6年生にわかる文章を書くように心がけましょう。いままで、漢然と文章を書いていたかたは、これからは読む相手を小学6年生に絞ってみてください。ずいぶん書きやすくなるものです。

また、だれでも、苦手意識を捨てて、スラスラとうまい文章を書けるようになりたい、と思うものです。どうも、筆不精でして文章を書くのが苦手ですよく、耳にします。うまい文章ここに落とし穴があります。うまい文章とは、どんな文章でしょうか?すぐに答えられる人は、まず、いないでしょう。では、どうすれば、なんでもない文章が書けるようになるのでしょうか。それは、素直な気持ちになることです。

ネットで稼ぎたいなら、ポイントサイトがおすすめです。私が一番稼げているのはポイントサイトは、げん玉(会員数500万人)というサイトで、ここなら毎月5万円は稼げます!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

webページテストの検証を行う

・ランディングページのテスト・検証を行う 異なる表現のランディングページを複数用意し、効果を検証する方法があります。異なる表現のランディングページを複数用意し、それぞれを均等配信して、効果を検証するも …

no image

商品を売るにそのよさを伝えることが重要-ある成功例を紹介

看板商品の成功例にこんな例がある。以前、地元にある、あるショップの担当者の方が、町の特産品であるほやの販売が不調だったため、突撃取材としてほや漁に同行した。朝4時からデジタルカメラを片手に出航し、漁師 …

no image

NP後払い決済はお客さまに快適な決済環境を提供できる

「NP後払いサービス」は、お客さまに快適な決済環境を提供できるうえ、ショップサイドでも未払いリスクを回避できる、資金繰りが楽になるといったメリットが得られことを思えば、一種の保険としてこうしたサービス …

no image

決済方法は豊富に用意するようにしよう

インターネットショッピングサイトでは、決済方法は豊富に用意するほうがいい。 具体的にユーザーが望んでいる決済方法についての統計がある。日本の検索エンジンとしては老舗だったCSJが、CSJ利用者に対して …

no image

仕事の目標を立てれば明確なゴールが見えてくる

きちんとした目標がないのは、最終的なゴールがないまま、地図も持たずに旅立つのと同じことだ。また、インターネットショップの経営者は、小人数もしくは夫婦、あるいは1人というケースが多いはずである。つまり、 …