雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

防寒具としてのマフラーを楽しんでみよう

投稿日:

・防寒具としてのマフラーを楽しむ

寒い冬に大活躍するものといえば、マフラーですね。巻いているだけでかなりあったかいので、手放すことができません。今、マフラーは大きく二種類に分けられるでしょう。実用的な防寒具としてのマフラー。そしてアクセサリーとしてのマフラー。ここでお話しするマフラーは前者を指しています。

実用的な防寒具としてのマフラーは、これほど身近な防寒具もちょっと他にはないでしょうというくらい、多くの人に愛用されています。ざっと長さにして150センチ前後、幅にして30センチ前後。たいていはこれをタテに一つ折りにして首に巻くわけです。

一度首に巻いて、ひとえ前で一重結びにする。これがもっとも古典的でしょう。コートの下、上着の胸元でマフラーを軽く交差させる。多くの人たちがこのような使い方をしているのではないでしょうか。でも防寒に主眼を置くなら、しっかり首を包むほうが有利です。

首をしっかりと包むという意味ではかなり有効

または首に直接、ネクタイの一重結び(プレーン・ノット)にしてしまう方法もあります。あるいはもっとも簡単な方法としては一つ折りにしてループを作り、その輪の中に一端を通すやり方があります。さらにはマフラーの中心を首の前に合わせてから後ろで交差させ、再び前で簡単に結ぶ方法なども考えられるでしょう。

以上は一例ですが、首をしっかりと包むという意味ではかなり有効です。また視覚的な効果も考えること。当たり前のことですが、赤やワインやピンクといった暖色系のほうが心理的な保温効果があります。要は首元から寒風が入り込まないようにあしらうべきなのです。色や素材、あるいは結び方を楽しみながら、マフラーともっと友達になりましょう。

ポイントとしては、色、素材、結び方を楽しみながらあしらうということです。マフラーは追求すると、色々と楽しむことができます。1本だけでなく、数本のマフラーを購入し、色々とアレンジを楽しんでみてはいかがでしょうか?

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

毛羽立つ素材は炎の広がる表面積が大きい

「けば立った生地は炎の広がる表面積が大きい」。ネブラスカ大学でテキスタイル検査の仕事を行う研究所の所長を務めるキャロル・イーズリーが説明する。たとえば、木々の密生した森林で火事が起こると広がるのが早い …

no image

デザイナーには悪口を極めるつもりなのか

デザイナーには、悪評を極めるつもりなのか、真面目なファッション・ブランドを作る気なのか、はっきりしてもらわないとね。一週間で八〇ものショーを見るだけでも相当きついのに、あとですべてのショールームに行く …

no image

ファッションの理想像と現実の体型の対立

一九九五年のサイコロジー・トウデイの研究では、ファッション誌のモデルをわずか三分眺めただけで、被験者の七〇%が罪悪感と差恥心を抱いて落ち込んだという結果が出たという。ファッションが一因とされる社会問題 …

no image

シックなスタイルは瞬く間に人気となり

悲しいことに、トレンドにも終わりがある。単に寿命がつきたというだけのことだが、年とともに滑稽で誇張された感じになっていく傾向が急激な衰えに拍車をかける部分もある。大社会学者のゲオルグ・ジンメルがかって …

no image

シートマスクの効果は本物-肌の救世主SKーⅡ

・シートマスクは肌の救世主 大切なミーティングがあったり、ひどいときには、自分自身が取材を受ける日だったりすることも。しかも、写真撮影まで。そんなときのために、私は肌のレベルを一気に上げてくれるコスメ …